ニンテンドー3DSはSDカードにセーブできない!? ゲームファン悲しむ

写真拡大

2011年2月26日に発売が予定されている任天堂の最新型ゲーム機『ニンテンドー3DS』(価格25000円)。携帯型ゲーム機としてはじめて立体視(3D)機能が搭載されており、いつでもどこでも飛び出るゲームで遊ぶことができる。今までにない機能だけに、多くのゲームファンが期待しているゲームハードだ。

そんな『ニンテンドー3DS』に不安の声があがっている。もしかすると、『ニンテンドー3DS』はSDカードにセーブデータを記録できない可能性があるというのだ。『ニンテンドー3DS』にはSDカードスロットが搭載されており、市販のSDカードを装着することができる。それゆえ、発売前から「SDカードにセーブデータを記録できる」と思われていた。

どうしてそんな噂が流れているのかというと、任天堂公式サイトのゲーム紹介ページに書かれているゲーム仕様に、「セーブデータ数1」と書かれているためだ。つまり、セーブデータの保存先を選んだりコピーできない可能性があり、本体かゲームソフトにしかセーブデータ保存ができないのではないかと言われているのだ。

この仕様に対してゲームファンたちは「どんなにハードが変わっても相変わらずセーブは1個かよ。こういうことだけは予想を裏切らねえな 任天堂はw」「外部セーブの保険を作れなきゃ我慢できないチキンプレイヤーなんてゲーマーじゃないだろ」、「SDカードに保存できたらポケモン増殖し放題じゃん」、「別にいいや。DSでもあまり不便感じたことないし」、「外部にセーブデータ持ってると処分したいときに躊躇なく売れるメリットはあるわな」などの意見を書き込みしている。

ゲームによって仕様が違う可能性もあり、SDカードにセーブデータを保存できるゲームもあるかもしれない。よって、この「SDカードにセーブできない」という話はあくまで噂レベルだ。この件に対して人気ゲームブログ『はちま起稿』の管理人は「理想はROMとSDどっちにもセーブできることだな」と正論を語っている。

screenshot:nintendo.

このニュースの元記事を読む

■関連記事