『レイトン教授』開発会社代表が「このハードにかけてもいい」と断言

写真拡大

『ドラゴンクエストVIII』(PS2)や『白騎士物語』(PS3)などの名作を開発してきたレベルファイブの代表取締役社長・日野晃博氏が、任天堂の携帯型ゲーム機『ニンテンドー3DS』を大絶賛。「このハードにかけてもいい」ともコメントしており、社運をかけていることが判明しました。

そのコメントは日野社長が任天堂公式サイトのインタビュー記事で発言した言葉で、とにかく『ニンテンドー3DS』に惚れ込んでいるのがわかります。日野社長は次のように、『ニンテンドー3DS』の魅力と意気込みを語っています。

<このハードにかけてもいい>
3Dは目が疲れるとか、きっといろいろ言われるだろうけど、このインパクトはそれを補うくらいに大きいだろうな、と。その瞬間、「このハードにかけてもいい」って思ったんです。それで、レベルファイブでは、『レイトン教授』をはじめ、さまざまなタイトルを準備したい、と考えたんです。

3DSというハードウェアにほれ込んだときから、自分のなかで最初からいくと決めているので。最初の段階から、レベルファイブというメーカーとして3DSにしっかり取り組んでいるイメージをつくりたかったんです。だから全社をあげて、3DSの性能をいちばん引き出せるメーカーになれればいいんじゃないかという考え方でつくっていますね。※日野社長のコメントはここまで

と、かなり『ニンテンドー3DS』にゾッコンであることがわかります。この日野さんの意気込みに対し、インターネット掲示板『2ちゃんねる』では「実際社運かけてるやん。最初から全力だわ」、「最強のサードだな」、「まあ日野言うなら説得力あるな」などの声があがっています。

皆さんもご存知の通り、レベルファイブは『レイトン教授』シリーズを開発している会社でもあります。『ニンテンドー3DS』でもその新作が発売されるうえ、続々と対応ソフトを開発中です。もしかすると、レベルファイブから『スーパーマリオブラザーズ』や『ドラゴンクエスト』級のメガヒット作品が誕生するかもしれませんね。

画像: Nintendo

■関連記事
ボクサーのパンチを避けるレフリーの神業「いちばん強いのレフリー?」
ニコニコ動画で『小学校でよくある事』が大人気
イブに32歳独身女子がひとりでディズニーランドに行く動画
ネットユーザーが選ぶ「時間返せって言いたくなった映画」とは?
ずっと住み続けるとしたら北海道と沖縄どっち? 大規模3000人アンケート