八百長メールの発覚で、ついに春場所の中止も決定。もはや存続の危機ともいわれる大相撲。

しかし、そんな大相撲のなかになって、“ガチンコ力士”として横綱まで上り詰めたのが貴乃花親方(38)だ。昭和の名大関・初代貴ノ花(元二子山親方=享年55)の息子として入門前から注目を浴びて角界入りした貴乃花親方について、元力士はこう話す。

「貴乃花の父、二子山親方は八百長に厳しい人で、部屋には“汚いことをしないで正直に相撲道を歩んでください”という貼り紙がされたこともありました。貴乃花親方や部屋の力士たちはその教えを忠実に守り、真っ向勝負に徹してきました。もちろん先輩の八百長力士はそんな彼の姿勢が気にくわない。だから若いころの貴乃花は立ち合いで張り手ばかりくらっていましたよ。

容赦なく全力で顔をはたかれるんですから、張り手はみんな嫌がるんです。しかし貴乃花は文句ひとついわず、黙々と耐えていましたね。貴乃花は八百長に引き込まれないように他の部屋の力士との交流は控え、支度部屋で口をきくこともほとんどありませんでした」

こうして出世記録を次々と塗り替え、“平成の大横綱”と呼ばれるまでになった。そんな彼の人生で、一番だけ不自然な取り組みがあったとされる。それは1995年11月の九州場所で兄・若乃花(花田勝氏=40)と対戦した兄弟優勝決定戦だ。立ち合いで四つに組んだふたりだったが、下手投げで貴乃花があっさりと負け、若乃花が優勝。その後、この一番は“疑惑の一番”と報じられたこともあった。ある角界関係者はこう証言する。

「当時、貴乃花はすでに横綱になっていた。一方の若乃花は優勝から約3年も遠ざかっていた。八百長嫌いの二子山親方も親心から“勝にも優勝させてやりたい”と思い、それを貴乃花に思わず伝えてしまったといいます。その父の言葉に貴乃花は動揺して思い悩み、力を発揮できず、結果あんな形で敗れてしまったといわれています」

この優勝をきっかけにその後、若乃花は横綱に昇進。一方の貴乃花親方はこの一件で兄や父に不信感を抱くようになったとされる。いまなお絶縁状態といわれるきょうだいの関係について、貴乃花親方は引退後、「兄弟による優勝決定戦が(不仲の)原点だった」と語ったこともあるほどだ。

「貴乃花はガチンコで横綱になった人。だからこそ、その横綱という聖域を汚されたという思いが強くなり、より一層、八百長には強い反発心を持つようになっていったんです」(相撲関係者)

※女性セブン2011年2月24日号




■関連記事
ガチンコ相撲の大乃国 八百長力士からリンチまがいの稽古も
改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者
相撲協会の理事長候補 貴乃花と千代の富士、どちらが優勢か
臨時国会の1日あたり費用 議員1人で20万円、合計4億円
たけし マスコミに呆れ、相撲協会解雇された琴光喜に同情