100誌の編集長+100名の書店員が選ぶ『雑誌大賞』はじまる

写真拡大




電子化の波が押し寄せ苦境にあえぐ雑誌業界――雑誌大賞実行委員会は、雑誌本来の魅力を改めて伝えることにより、雑誌およびその周辺業界の“ブームアップ”を目指す『雑誌大賞』を設立しました。第一回『雑誌大賞』は3月28日発表予定です。

インターネットコンテンツの充実と情報検索力に押されるようにして、ここ数年は雑誌の休刊が相次いでいます。さらには、電子書籍も急速に普及しつつあり、雑誌界の未来は決して明るくありません。そこで、改めて雑誌本来のパワーの根源であり役割でもあった「情報発信力」「目利き力」「コンテンツ創造力」を訴えるべく、100誌の雑誌編集長と100名の書店員が投票により選考する『雑誌大賞』を設立しました。

sub26賞は、「この一冊は凄かった」という雑誌に贈る『雑誌大賞』、世の中の流行に関して「その流行元はこの雑誌だ!」という雑誌に贈る『TREND MAKE MAGAZINE賞』、そして新創刊雑誌のなかで最も世の中をにぎわせた雑誌に贈る『雑誌新人賞』の3種類を用意。第一回『雑誌大賞』は、2010年下半期(2010年7月〜12月)に刊行された雑誌を対象として行われ、2011年3月28日に発表予定。第二回は、2011年上半期(2011年1月〜6月)に刊行される雑誌を対象にして行い2011年9月に発表予定です。

しかし、雑誌に勢いがなくなったのはインターネットや電子書籍のせいだけなのでしょうか。「情報発信力」の面ではインターネットや電子書籍の速度に劣るとしても、「目利き力」や「コンテンツ創造力」は媒体を問わないもののはず。ネットユーザーによるコンテンツの魅力に雑誌が追いつけていないのでは? という気もします。『雑誌大賞』の主催は雑誌大賞実行委員会、協賛は大日本印刷、凸版印刷(「本屋の歩き方」事務局)、協力は富士山マガジンサービス、後援には社団法人日本雑誌協会が名を連ねています。
 
 

■関連記事
“自炊派”向けのA3対応 紙に負担をかけないスタンドスキャナ『Simply Scan A3』
「今この時代に漫画家を目指す人達へ」喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム 漫画関係者ディープ座談会
ユーザーライクすぎる『電子貸本 Renta! 』 中の人ロングインタビュー
ドコモなどが開設する『2Dfacto』と『TSUTAYA GALAPAGOS』の両方に対応する電子書籍タブレット『SH-07C』
KDDIの電子書籍サービス『LISMO Book Store』が12月25日スタート 専用端末は関西・沖縄地域から順次発売へ