八百長問題で大揺れの日本相撲協会が9日(2011年2月)、各相撲部屋あてに「自粛・奨励17カ条心得」と題した通達を出した。「とくダネ!」の「得もり」コーナーで笠井信輔アナが、「聖徳太子の17条憲法のようなものですが」と取り上げたが、その内容にキャスターの小倉智昭は呆れ顔だった。

   笠井が読み上げた17カ条のなかにはこんな心得もあった。

   9条 「特別調査委員会の調査には積極的に協力する」

   13条 「各部屋、自宅、病院・治療院、日本相撲協会以外へ外出する際は、全て部屋の師匠に了解を得る」

   笠井は「一つひとつの行動が管理されることになりそうです」と力士たちにやや同情。ところがタレントの眞鍋かをりは、「(こんな時に)外で飲み歩いているのを見たら、ちょっとガッカリしちゃうのもあるんでしょうからね」

   小倉「子どもじゃあるまいしね〜。現実離れしているよ」

   たしかに、16条には「近所に限らず町なかで声をかけられたときは、気さくに応え挨拶する」とあり、親が小学生の子供に教えているようだ。

   笠井「お前たちは一から指導しなければダメだという感じですね」

17カ条心得第3条「慰問は積極的に」

   17カ条心得の評価は総じて芳しくないが、笠井は「市民にとって重要な、有益な情報があります」と興奮気味に読み上げたのが3条。「老人ホームや施設への慰問は、部屋単位の小人数で積極的に行う」というものだが、笠井は興奮しているわけを次のように話した。


「子供やお年寄りはお相撲さん好きですよ。本場所はないし巡業もない。関取と交流したいならばいま申し込むべきです。交流できる可能性が高いと思いますよ。わたし個人的には強く思いました」

   協会から頼まれでもしたのか、これに小倉が「ただ、これだけニュースで騒がれれば、お相撲さんに興味を持たない子供たちが増えているんじゃないの」の一言。笠井の妙な熱弁も空振りに終わったようだ。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!