光学21倍ズーム ニコンが明るい液晶モニターを採用した『COOLPIX L120』発売へ

写真拡大




ニコンは、『COOLPIX L』シリーズから光学21倍ズームと高精細液晶モニター、サイドズームレバーなどを搭載した高倍率モデル『COOLPIX L120』を2月下旬より発売します。価格はオープンです。

『COOLPIX L120』は、有効画素1410万画素で広角25mmから超望遠525mm(35mm判換算)の撮影画角を誇る光学21倍ズームNIKKORレンズを搭載。ダイナミックな風景写真から日常のさまざまな撮影シーンで活用でき、約1cmまでのマクロ撮影も可能です。また、イメージセンサーシフト方式および電子式手ブレ補正(VR)機能も装備し、超望遠時にもブレの少ない撮影ができます。

高視野角3型TFTモニターに約92万ドットのクリアカラーパネルを採用。日差しの強い晴天下の屋外撮影や照明の反射がある室内撮影でも、見やすい画面で設定操作や画像確認が行えます。色再現範囲は、広い色域をカバーするsRGB相当を実現しました。各種ボタンの操作性を向上し、動画撮影時に快適なサイドズームレバーも搭載しています。

カメラ表面にはレザートーン塗装を施し、グリップ部分は握りやすく滑らない素材を採用するなど、実用性を兼ね備えた高級感あるデザイン。HDMI端子を搭載し、撮影したHDムービーをテレビなどの大画面でも楽しめます。いざという時にどこでも入手できる単3形電池(リチウム、アルカリ)にも対応しています。サイズはW109.9×H76.5×D78.4mm、重さ約431g(バッテリー、SDカード含む)。
 
 

■関連記事
キヤノンがエントリー向けデジタル一眼レフカメラ『EOS Kiss X5/X50』など発売へ
水深10m防水&1.5m耐衝撃性能 アウトドアデジタルカメラ『PENTAX Optio WG-1/GPS』発売へ
可変フレームを採用した“EXILIM”『EX-TR100』
ペンタックスがBONNIE PINKスペシャルモデル『PENTAX K-r BONNIE PINK MODEL』を限定発売へ
ハイブリッドAF搭載でピント合わせが速くなったリコーの『CX5』