日本で活動する中国人漫画家、夏達(シャア・タア)さんが中国の春節特別番組「春節聯歓晩会」に出演し、インターネット上を中心に人気が高まっている。南海網が報じた。

 本来ステージ上に登場するはずの夏達は、非常に恥ずかしがり屋のため李小冉が代わりに出場し、これまでと変わらず控えめな姿勢を維持した。

 2010年、中国の新鋭漫画家で、第6回中国国際漫画アニメ祭イメージ大使に選ばれた夏達さんは、早々から春節特番への出演が決定していた。番組では、林志玲(リン・チーリン)など名だたる美女と一緒にステージに上がる予定だったが、夏達さんは「恥ずかしがり屋」の性格のため、リハーサル後にステージに上がる予定はキャンセルされてしまった。

 夏達さんは自身のブログで、「努力したが、どうしても緊張してしまった。ステージに上がらなくて済んで、本当にほっとした」と明かしている。夏達さんは現在の人気は一時的なものであるとしながらも、「注目を浴びることで中国の漫画家全体に関心が集まるのは良いこと」と述べた。(編集担当:畠山栄)



■最新記事
中国人の女性漫画家が日中のネット上で「かわいい!」と話題に
か・・かわいい!爆竹販売店の「かわいすぎる娘」が話題に−北京
カーリング本橋麻里選手 中国で人気に、注目は美ぼうと豊かな身体
中国の美人すぎるマンガ家・夏達来日。ジュンク堂でサイン会
中国、旧正月を祝う…上海の名刹・初詣でにつめかける市民