(社)日本ホビー協会では、あらゆるジャンルのホビーを一堂に集めた、日本最大級の手づくりホビーフェア「第35回 2011日本ホビーショー」を、4月27日(水)〜29日(金・祝)の3日間、東京ビッグサイト東1−3ホールで開催する。
「日本ホビーショー」は、多くの企業が出展するトレードショーであるとともに、手づくりによって自分を表現したい消費者が会場で参加・体験し、その声をビジネスに活かしていくという“B to C to B”型(生産・流通・消費の連繋)の2Wayマーケティングショーとして各方面から高い支持を得ている。「楽しさ広がる。好き深まる。」をテーマに開催される今回は、100ジャンルを超えるホビーに関連する約350の企業・個人が出展を予定(2010年度実績 企業:192社、個人:167名 計782小間)。来場者動員は12万人以上を目指している(昨年実績116,606人)。

今回の見どころは、まず“てづくり デコ Re メイク”をコンセプトにしたメインイベント「デコーる マジック ワールド」。この「てづくり デコ Re メイク」という言葉は、単にものを作り直して再利用するのではなく、ハンカチがドレスになったり、グラスがフラワーポットになったり、クリエーターのひらめきやセンス次第で、何気ないものが思いもかけない姿に変身するという、新しい価値を創り出すことを意味した新しい概念である。今回は、招待作家たちが、「クローゼットマジック」「キッズマジック」「キッチンマジック」「ガーデンマジック」「コレクションマジック」という五つのギャラリーを展開するほか、ワークショップ、ミニ講座、ショッピングモールなども。また、「ROOTOTE」のトートバッグをカンバスに見立てて、著名な作家や出展者がオンリーワンの作品にリメイクする「デコーるマジック トート・コレクション」、(株)タカラトミーとヴォーグ学園のコラボにより、大人気のファッションドールに手づくりの魔法をかける「Jenny×ヴォーグ学園」も必見である。
さらに今回は、会場内に「EXPO」と銘打った専門性の高い4つのエリアを展開。「ニットEXPO」「CREATE YOUR STYLE ビーズ&デコ・アクセサリーEXPO」「スクラップ&コラージュEXPO」に加えて、「DIY・ホームデコEXPO」が登場する。
「DIY・ホームデコEXPO」では、ガールズDIYをテーマに、女性をターゲットとするワークショップやブックカフェなどを開催。会期初日の27日には、リメイク界で有名な佐藤貴予美さんによるトークショー「ガールズDIYのススメ」(15時30分〜16時)も予定されている。
このほか、日本最大のギャルママサークルによるイベント「ギャルベビ・キッズパーク」(4月28日)が開催されるほか、祝日の4月29日をKIDS DAYとして、子供たちのためのイベント「ホビッ子ランド」などが行われる。
なお、今回は「スイーツ&デコ クリエイション2011」(主催:SDC実行委員会)、第4回「ホビークッキングフェア2011」(主催:社団法人 流通問題研究協会、日本ホビー協会)が同時開催される。