【中古殺し】PS3にシリアルコードが導入される?

写真拡大

(画像:Edge Magazineより)

海外Webサイト・Edge Magazineによると今後、発売されるPS3用ソフトにはシリアルコードが付けられるのではないかといった内容を掲載しているようである。これは購入したゲームソフトを初めてプレイする際に前述のシリアルコードを入力する必要があり、入力できる回数にも制限が設けられる。(PS3本体1台につき1回の入力が求められる。)

これが実現化した場合、ゲームソフトの中古売買にも影響を及ぼす可能性も大いにあるため、大きな波紋を呼ぶことにもなるだろう。2007年に発売したPS3用ソフト『ワールドサッカーウイニングイレブン2008』(コナミデジタルエンタテインメント)では、オンライン対戦をプレイする場合に限り前述のようなシリアルコードの入力が必至。

同ソフトの中古ソフトを購入した場合、前の持ち主がシリアルコードを使用済みであった場合、オンラインをプレイすることができないのである。このようにシリアルコードの入力は少なからず存在しており、ゲームメーカーの直接的な利益にならない中古や、データの流出などを防ぐ狙いを持ったシリアルコードの導入は可能性としてはありそうである。

Edge Magazineによる情報はあくまで憶測のため、参考程度に受け止めてもらいたい。

Copyright 2006 - 2010 Future Publishing Limited, Beauford Court 30 Monmouth Street Bath, UK BA1 2BW
England and Wales company registration number 2008885


▼外部リンク

Sony’s Answer To PS3 Piracy: Serial Codes? | Edge Magazine


■関連記事
【2ちゃんねる】ぬらりひょんの孫などマンガを無料配信していた18歳が逮捕
【求人】モンスターハンターポータブル 3rd『終焉を喰らう者』をクリアしている方
「劇場版マクロスF恋離飛翼」公開記念プレミアムイベント開催
【ニコクーポン】動画編集アプリケーション『CocoMovie』
【ニコニコ動画】ヤマザキ春のパンまつりキタアアアアアアアァァァァァァアアァアァア!