キヤノンがエントリー向けデジタル一眼レフカメラ『EOS Kiss X5/X50』など発売へ

写真拡大




キヤノンは、エントリー向けデジタル一眼レフカメラ『EOS Kiss X5』および『EOS Kiss X50』とそのレンズきっと、外部ストロボ2機種などを3月3日より順次発売します。『EOS Kiss X5』の本体カラーはブラックのみ、『EOS Kiss X50』はブラックとレッドの2色で展開します。価格はそれぞれオープン。

『EOS Kiss X5』は、約1800万画素の高精細CMOSセンサーを搭載。全自動撮影機能『シーンインテリジェントオート』や、動画撮影をより簡単に楽しめる機能を新たに搭載し、「撮る」「表現する」「見る・見せる」をさらに追求したエントリー向け高性能デジタル一眼レフカメラ。『EOS Kiss』シリーズ初となる『バリアングルクリアビュー液晶モニター』の搭載により、ハイアングルやローアングルでもモニターを見ながらアクティブに撮影できます。

EOS Kiss X5 バリアングルモニターフルハイビジョン動画撮影機能を強化し、数秒単位で撮影した複数のシーンをつなげてBGMをつけたりショートムービーを作れる『ビデオスナップ』機能や、最大10倍までのズームが可能な『動画デジタルズーム機能』を『EOS』シリーズで初めて搭載。動画を撮影するだけでなく、観賞・共有する楽しさが広がります。

『EOS Kiss X50』は、約1220万画素高精細CMOSセンサーを搭載。イメージ通りの写真が撮れる『表現セレクト』機能や、明るさや背景のボケ味調整が可能な『クリエイティブ全自動』機能、クイック設定ボタンですばやく機能設定が行える『クイック設定』機能など一眼レフカメラ初心者をサポートするカンタン便利な機能を備えています。液晶モニターには、撮影モードや機能内容を分かりやすく説明する『機能ガイド』を『EOS』シリーズで初めて搭載。小型軽量ボディながら、大きくて使いやすいボタンやダイヤルを採用し、グリップを握ったまま片手操作が可能な『ワンハンドオペレーション』を実現しました。

『EOS Kiss X5』は『EF-S18-55 IS II レンズキット』『ダブルズームキット』をラインナップ、サイズはW133.1×H99.5×D79.7mm、重さ約515g(本体のみ)。『EOS Kiss X50』は『EF-S18-55 IS IIレンズキット』『ダブルズームキット』と『こだわりスナップキット』をラインナップ、サイズはW129.9×H99.7×D77.9mm、重さ約450g(本体のみ)です。
 
 

■関連記事
世界最小最軽量 パナソニックがタッチパネル搭載一眼カメラ『LUMIX DMC-GF2』発売へ
標準ズームレンズと合わせて454g オリンパスがマイクロ一眼カメラ『PEN Lite E-PL1s』発売
ニコンが新開発CMOSセンサーなどを搭載したデジタル一眼レフカメラ『ニコン D7000』発売へ
水深10m防水&1.5m耐衝撃性能 アウトドアデジタルカメラ『PENTAX Optio WG-1/GPS』発売へ
可変フレームを採用した“EXILIM”『EX-TR100』