水深10m防水&1.5m耐衝撃性能 アウトドアデジタルカメラ『PENTAX Optio WG-1/GPS』発売へ

写真拡大




HOYA(PENTAXイメージング・システム事業部』は、優れた防水性能や耐衝撃性能を実現するとともに、アウトドア撮影を楽しむさまざまな機能・性能を備えたコンパクトデジタルカメラ『PENTAX Optio WG-1』『PENTAX Optio WG-1GPS』を3月中旬に発売します。

『PENTAX Optio WG-1』『PENTAX Optio WG-1GPS』は、水中撮影が楽しめる防水性能を備えた『Optio W』シリーズをベースに開発。本体の気密性をさらに強化することで水深10mで連続2時間の水中撮影が可能な防水性能(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)を実現。耐衝撃を考慮したデザイン採用や内部構造の改良により耐落下衝撃性能も1.5mまで向上しました。

また、ホコリに強いIP6X(JIS保護等級6)相当の防じん性能やマイナス10℃の低音環境科でも動作可能な耐寒構造、100kgf(重量キログラム)までの重さに耐える耐荷重構造を新たに採用するなど、より過酷なアウトドア環境科での使用に耐えるタフなモデルに仕上がっています。

また、肉眼では気づかないミクロの世界を鮮明な画像で楽しめる“デジタル顕微鏡”モードの使いやすさも向上。近距離用LED補助光を5灯に増設しレンズ円周上に配置し、被写体に近接した際にもより均一で明るい照明を可能にしました。撮影の瞬間には各LEDの光量をアップし、高速なシャッタースピードで手ブレ・被写体ブレを抑えて撮影できる『瞬間輝度アップ』機能も新たに採用。さらに、被写体との最短距離(1cm)を保持しながら長時間撮影が可能な『マクロスタンド』も同梱されており、ミクロの世界の探険をとことん楽しめそうです。

PENTAX Optio WG-1GPS『PENTAX Optio WG-1GPS』には、撮影画像への位置情報記録や移動時の測位ログデータ保存も可能なGPS機能を内蔵。撮影ポイントの確認や『Google Earth』など対応する各種サービスを利用して、パソコン上で自分の移動したルートを表示するなど移動記録も便利に行えます。

有効約1400万画素で広角28mmからの高額5倍ズームレンズ(35mm判換算)、2.7型(約23万ドット、16:9)ワイド液晶モニターを搭載。1280×720ピクセル(30fps)のハイビジョン動画撮影も可能です。カメラ本体には、塩蔵・音声出力用のHDMIマイクロ端子(TypeD)も装備しています。カラーは、『PENTAX Optio WG-1』がブラックとパープル、『PENTAX Optio WG-1GPS』はグリーンとグレーの各2色ずつで展開、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
可変フレームを採用した“EXILIM”『EX-TR100』
ペンタックスがBONNIE PINKスペシャルモデル『PENTAX K-r BONNIE PINK MODEL』を限定発売へ
ハイブリッドAF搭載でピント合わせが速くなったリコーの『CX5』
富士フイルムが光学式24倍のロングズームデジタルカメラ『FinePix S3200』を発売へ
ソニーがフルHD動画&3D静止画を撮影できる1620万画素CMOS搭載『サイバーショット』5機種を発売へ