“学研の付録”がこの夏よみがえる『ジュニアサイエンティストシリーズ(仮称)』

写真拡大




学研ステイフルは、2010年に休刊した学研の雑誌『科学』で好評だった付録を『ジュニアサイエンティストシリーズ(仮称)』として発売します。自作できる実験キットと、実験の各テーマについて解説したブックレットがセットになった製品で、7月の発売を予定しています。同社は2月1日から4日にかけて東京国際展示場で開催された『第71回東京ギフト・ショー』で発売前のサンプルを出展しました。

※画像がすべて表示されない場合はこちらをご覧ください



いろいろな撮影が楽しめる『レンズ式・ピンホール式実験カメラ』
『レンズ式・ピンホール式実験カメラ』は、いろいろな撮影方法を楽しみながらカメラの仕組みを理解できる実験セット。ピンホール写真や多重露光、バルブ撮影やスリット写真の撮影ができます。アイロンを使って現像が可能。予価は2625円(税込み)です。

3通りの投影方法で顕微鏡観察ができる『反射式・透過式・投影式顕微鏡』
『反射式・透過式・投影式顕微鏡』は、3通りの投影方法で観察ができる実験セット。外に持ち出して観察することもできます。予価は2100円(税込み)です。

空気の力で車やヘリコプターを動かせる『カー・ヘリコプター 空気エンジン』
『カー・ヘリコプター 空気エンジン』は、ポンプで圧縮した空気の力で車やヘリコプターの模型を動かせる実験セット。ペットボトルロケットは水を使うので室内で遊べませんでしたが、こちらはポンプで空気を入れるだけで遊べます。予価は3150円(税込み)です。

3種類の望遠鏡が作れる『ケプラー式・ガリレオ式望遠鏡』
『ケプラー式・ガリレオ式望遠鏡』は、光とレンズの実験で望遠鏡の原理を学べる実験セット。組み替えることで3種類の望遠鏡を作成できます。予価は2100円(税込み)。

ヘリコプターやカメのおもちゃを動かせる『手回し発電ヘリコプター』
ハンドルを回すと電気が発生、ヘリコプターが飛びます
『手回し発電ヘリコプター』は、ハンドルを回して発電できる発電機を使って、ヘリコプターやカメのおもちゃを動かせる実験セット。電気が発生する原理を遊びながら学ぶことができます。予価は2625円(税込み)です。


■関連記事
“程よい”難易度のキューブパズル『3D ギアキューブ』の早解き動画を公開!
“キュルッ”と載せて遊べる新感覚フィギュア『のすのすカピバラさん』
『たまごっち』アイテム交換も可能に 最新モデル『Tamagotch iD L』発売へ
お菓子をごはんのふりかけに!? すりつぶし機能付き『おかしなフリカケ』
パーマンは別売りです あのコピーロボットが『ROBOT 魂』で登場