上海アリス幻樂団の人気シューティングゲームシリーズ「東方Project」のキャラクターの一人、レミリア・スカーレットは吸血鬼。すでに500年以上生きているという設定ですが、見た目は子どもっぽく、性格も見た目同様にとてもわがまま。

そんなレミリアお嬢様がロボット化し「東方鉄巨人」として生まれ変わったフィギュアが、ワンダーフェスティバル 2011[冬]に登場しました。

詳細は以下から。
販売していたのは5-08-01「楽園都市機甲兵団」。


これが「東方鉄巨人レミリア・スカーレット」1万5000円。



いわゆる「メカ+少女」ではなく、レミリアのイメージを残したロボットのような感じになっています。




「東方鉄巨人」はpixivで行われている、東方Projectキャラクターをロボット化したり登場キャラの搭乗ロボットを創作するという企画で、2008年の八坂神奈子メカ化がきっかけとなり、いろいろなバリエーションが作られています。

・関連記事
アニメ店長×東方プロジェクト予告ムービー、2010年11月20日ニッショーホール上映イベントで全てが分かる - GIGAZINE

小さなものから大きなものまで、「東方Project」フィギュアまとめ - GIGAZINE

霊夢、魔理沙、咲夜などがさまざまなバージョンで登場した「東方Project」まとめ - GIGAZINE

「ローゼンメイデン シリーズ」とか「レミリアお嬢様」とか「グライムカイザル」とか - GIGAZINE

ガレージキットの未来のために設立された「ワンダーショウケース」に選出された歴代全47作品 その5 - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル2009[夏]に出展されていたその他アイテムや会場の様子 - GIGAZINE

18歳以下入場不可、ワンダーフェスティバル2010[冬]の成人向けゾーンの様子 - GIGAZINE

アニメやゲームのキャラをふんだんに盛り込んだ「萌え博2010」の痛単車 - GIGAZINE

「東方Project」の同人誌即売会「第六回博麗神社例大祭」、前日深夜の様子と禁断の徹夜組レポート - GIGAZINE


記事全文へ