烈闘神(レットウシン)による八卦大戦が終結して列島には平和が訪れたが、それから数百年経ち、平和な時代が終わりを告げようとしていた……という設定が先か後かはわかりませんが、「北海道の形を使ってロボットが作れるんじゃないか?」ということでデザインされたのが、ふたば☆ちゃんねる発祥の「絶対零度ホッカイオー」です。

最初に盛り上がったのは2008〜2009年ごろらしいのですが、今回、ワンダーフェスティバル 2011[冬]には、立体化されたホッカイオーが姿を見せていました。

詳細は以下から。
出展していたのは5-28-06「AXIS」。


ノンスケールのレジンキャスト製。



価格は7000円でした。


このカラーは、北海道だからラズベリーか何かでしょうか。



・関連記事
マジンガーZやグレートマジンガーからドラグナー、ゼーガペイン、グレンラガンまで新旧大小のスーパーロボット大集合 - GIGAZINE

かわいい女の子が侵略者の魔の手から母なる星を守る、「東映ロボットガールズ研究所」オープン - GIGAZINE

超絶クオリティのロボット兵やプリキュアカラーのガンダムなど、第21回モデラーズクラブ合同作品展2010の様子 - GIGAZINE

まさに「巨大ロボット祭り」、とにかくデカいマジンガーや武器だらけのコンバトラーVなどの新製品をバンダイ社内で見てきました - GIGAZINE

樹林伸×大河原邦男による次世代に向けたロボットアニメ「機兵戦記レガシーズ」 - GIGAZINE


記事全文へ