ワンダーフェスティバル2011[冬]で見ることのできる美少女フィギュアは、アニメやゲームの世界にとどまらず、過去の世界にもその範囲を広げていました。

半眼工房による「大日本愛國フィギュア」として製作された昭和の美少女たちは、その独特の雰囲気で「守ってあげなきゃいけない」気持ちにさせてくれるかもしれません。さらに明治の美少女剣士という設定のオリジナルストーリーまで用意された「若松千鶴」も登場。ひと味違う美少女の形を見せてくれます。「日本動乱史フィギュア(幕末編) 若松千鶴」。戊辰戦争で両親を薩長の兵士に殺された千鶴は斎藤一の薫陶を受けて険の腕を磨き、西南戦争に参加、田原坂の戦いで両親の仇を討つべく奮戦する……という設定ストーリーを読んでからフィギュアを見ると、また違って見えてくるかもしれません。




「大東亞戰争末期本土決戰期國民義勇戰闘隊女子隊竹槍挺身斬込隊 國防華子」


「國防華子・袈裟斬り」。竹槍が勇ましい。



「大東亞戰争末期本土決戰期國民義勇戰闘隊女子隊対戰車挺身肉薄雷撃隊 靖國櫻子」


「昭和十九年 南洋廰サイパン高等女學校二年生 万歳美佐紀」



「七生(ななお)」はモンペに防空頭巾、藁ぞうり、手には手製の人形、足元に双葉。




背後に「サクマ式ドロップス」が……。


「昭和二十一年春本土決戰時國民義勇戰闘隊女子隊皇土防衛完全武装遊撃隊 松代衛子」


「昭和二十年 満洲開拓移民引揚團 赤井夕陽」




・関連記事
ワンダーフェスティバル 2011[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

業界初のシニア向けアニメ「昭和物語」、テレビ&映画で同時展開 - GIGAZINE

第1次世界大戦時に撮影された兵士で作った自由の女神 - GIGAZINE

「縄文式フィギュア」や「ふんどし入れ歯サイボーグ」など成人ゾーン内で見かけた超個性的なフィギュアいろいろ - GIGAZINE

記事全文へ