日本オーナメント(株)は、2011スペースラグコレクション春夏商品を2月1日(火)に発売した。
今回、自信をもって提案しているのが、エジプト製で完全OEMとして、デザイン、素材、色も吟味して開発された‘差別化された綿素材’。綿ループ織りの品質では世界NO.1といわれるエジプト綿を使用し、新柄で綿100%の商品、綿とポリプロピレンの新商品を出した。人気の継続商品については売れ筋の色を追加、同柄でマットサイズの展開もある。

国産ラグとしては、1つはナイロン素材で7色、3サイズの展開がある。円形サイズも用意。2つ目は東洋紡機能素材セルフクリア(光触媒)を使用した商品。3つ目は光触媒チタンアパタイトを使った新商品がある。また、国産の綿素材のタフトも機能性を追求した商品が中心である。さらに、ゴブランセニールラグ、タフトプリントラグ、リビングラグの新商品を品揃えした。特にリビングラグは、使ってみてよかったという思いを徹底的に追求したもの。クッション性やノンスリップなどを重視した。防音値もL-35をクリア。加えて、春夏で売れるベルギーウイルトンや天然素材品、銀世界(除菌・安全性等の機能素材)新柄バスマット、ウッドカーペットなどを品揃えしている。