カウボーイのニックネームを持つドラルド・セラーニ。元WEC世界ライト級王者ジェイミー・バーナーがリリースされたことを思えば、やはり試合内容が評価されてのUFC残留。しっかりとUFC定着を狙いたい

写真拡大

UFC126「Silva vs Belfort」、5日(土・現地時間)にラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターで行われる同大会はプレリミナリーから、PPVカードまで見どころ満載のカードが揃っている。2011年のUFCにあって、見逃せないのが併合されたWECから出場を果たすファイターたちだ。

シスターブランドの軽量級で奮闘してきた彼らが、UFCでどのような活躍を見せるか。今大会にもそんな元WECファイターの注目株が、日本人絡み以外でも二人出場している。プレリミ・SpikeTVカード出場のドナルド・セラーニ。WECライト級戦線で結果的に頂点に立つことはなかったが、9勝3敗という戦績で実に5度のファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得しているWEC版名勝負男だ。

コロラド州デンバーのリング・オブ・ファイアーでキャリアを重ねたセラーニは、同プロモーションがK-1ルールを用いたキックボクシング戦を行ってきたこともあり、キックでも29戦28勝1分という抜群のレコードを残している。


ただし、このセラーニ、MMAではTKO、KO勝ちはなく、13勝のうち11の試合で一本勝ちを収めており、サブミッション系ファイターとしても相当の実力者といえる。言い換えれば、WECの名勝負男として活躍できたのも、ガードからの極め=腕十字、三角絞めの連携があってこそ。

倒されても、極める力を持つことで、打ち合いに思い切り没頭できた。そんなセラーニの対戦相手は、真っ向から打ち合うタイプのポール・ケリー。元WECライト級ファイターとして、恰好のデビュー戦を迎えたといえるが、WECとは層が違うUFCライト級戦線で生き残ってきたケリーの底力を侮ることはできない。

もう一人のWEC勢は、メインカードに登場となった元WEC世界バンタム級王者ミゲール・トーレスだ。セラーニと違い、WEC内での戦いがそのままUFCの一戦として行われることになった彼の相手は、アントニオ・バヌエロス。リムーア時代からWECに出場してきたグレコ出身のベテランは、日本の大沢ケンジに勝利するなど、しぶとくWECバンタム級戦線を戦い抜いた闘志溢れるファイターだ。

打ち合いを否定しつつ、殴られれば殴り返すというスタイルになりがちなミゲールにとって、リーチの長さを生かすことができる対戦相手ではあるが、一発を受ける可能性も残る。打と極めに強いミゲール、その中間にある『倒』という部分を端折ることができないバヌエロスを相手に、狙いはノックアウトからのグラウンドでの極め。距離を冷静に見極めた、スタンドの攻防が欠かせないことになる。
対戦カード&詳細はコチラ

ヒョードル参戦決定!! ワールド・ヘビー級GP開催
アリスター・オーフレイムが語った、“2010−2011”
メインは熱戦ドロー、五味がまさかの一本負け