可変フレームを採用した“EXILIM”『EX-TR100』

写真拡大




カシオ計算機は、デジタルカメラ“EXILIM”の新製品『EX-TR100』を4月に発売します。価格はオープン。可変フレームを採用し、好きな持ち方や撮り方で写真や動画を撮影できるのが特徴です。

可変フレームは、レンズ部を中心にフレームが360°、モニタも270°回転。自由に変形させて手に持ったり、置いたりして撮影できます。モニタを回転させて手持ちで“自分撮り”ができ、21mmの広角レンズで自分と仲間も一緒に撮影できるほか、動画撮影ではフレームを開いてビデオカメラのように持って撮影することも可能。

画像処理エンジン『EXLIM ENGINE HS』と高感度1210万画素裏面CMOSセンサを搭載。アート効果を3段階から選択できる『HDRアート』機能、薄暗い場所でも明るく撮影できるHDR、シャッターを押すだけで美しい写真が撮れる『プレミアムアート』、パノラマ撮影ができる『スライドパノラマ』といった撮影機能を用意しています。

液晶モニタはタッチパネル付きの3.0型。上下にスクロールするメニュー画面と鮮やかに配色したアイコンにより、だれでも簡単に撮影できるユーザーインタフェースを実現しています。カメラで選んだ画像や動画を、パソコンに接続するだけで自動アップロードできる専用PCソフトも付属。SNSやウェブアルバム、動画共有サービスで簡単に写真や動画を共有できます。

『EX-TR100』主な仕様
撮像素子:1/2.3型 1275万画素裏面照射型CMOS
有効画素数:1210万画素
内蔵メモリー:約34.8MB
対応外部記憶媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
静止画保存形式:JPEG(Exif Ver.2.3)、DCF2.0準拠
動画保存形式:MOV、H.264/AVC準拠、IMA-ADPCM(モノラル)
モニタ:3.0型TFTカラー液晶 460800ドット(960×480) タッチスクリーン
レンズ:F2.8、F=3.8mm(35mmカメラ換算21mm)
撮影距離:約8cm〜∞(オートフォーカス)、約8cm〜∞(マクロ)、∞(無限遠)
ズーム:5倍(プレミアムズーム/デジタルズーム併用)、15.9倍(HDズーム/プレミアムズーム/デジタルズーム併用)
ISO感度:オート/100/200/400/800/1600/3200(静止画)、オート(動画)
出力端子:USB(Hi-Speed USB準拠)、HDMI output(マイクロ/Type D)
その他機能:HDR、HDR ART、ベストショット、プレミアムオート、モーションシャッター、スライドパノラマ
本体サイズ:W122.8×D59.0×H14.9mm
重量:約157g(メモリーカードを含む)、約155g(メモリーカードを除く)
電源:専用リチウムイオン充電池(内蔵)
主な付属品:USB-ACアダプター、AC電源コード、USBケーブル、ストラップ、CD-ROM


■関連記事
ペンタックスがBONNIE PINKスペシャルモデル『PENTAX K-r BONNIE PINK MODEL』を限定発売へ
ハイブリッドAF搭載でピント合わせが速くなったリコーの『CX5』
シャッターを切ると芸術作品に!? 画像処理機能を搭載したカシオ『EXILIM EX-ZR10』発売へ
カシオが屋内でも測位可能な『ハイブリッドGPS』を搭載した『EXILIM EX-H20G』を発売へ
ゴルフのスイングチェックに! カシオがハイスピードデジカメ『EX-FC160S』発売へ