MOTULサーキットレディで、人気を集めた青山イリス
数え切れない女の子が、様々なコスチュームでブースを彩るカスタムカーの祭典「東京オートサロン」。しかし、現役レースクイーンがコスチューム姿でステージに立つ所など、活躍できる場面は意外と少ない。その理由はイベントの開催時期にある。

オートサロンが開催される1月は、レース的にシーズンオフ。このイベントのために契約が残されている一部のレースクイーン以外は、お役御免になっているのだ。その一部が今回ご紹介する青山イリス。2010年のMOTULサーキットレディだ。

青山イリス 青山イリス 青山イリス
MOTULサーキットレディとして活躍を見せる青山イリス


昨年の春にデビューした彼女は、フランス人と日本人のハーフ。毎年、数多デビューする新人の中でも注目を浴びた1人である。今でこそマシンの隣で堂々としていられるが、実は彼女、昨年のオートサロンには、レースクイーンを目指す一般の女の子として来場していたのだ。

もちろん当時は全くの無名。そんな彼女がレースクイーンとして注目を浴び、このオートサロンで任期を終える。これで見納めとなる彼女のコスチューム姿には、1年の頑張りと、ドラマが込められているのだ。

(文・写真/矢沢隆則)