001

写真拡大 (全5枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

 東芝が1月31日に2010年4〜12月期連結決算を発表。営業利益が前年比8.5倍となり、4〜12月期としては過去最高を記録しました。国内の家電エコポイント制度を追い風に、液晶テレビやパソコンなどの売り上げが伸びたようです。

 エコといえば、三菱東京UFJ銀行は環境に配慮した行内文書のペーパーレス化を促進しているのだとか。

 ATMの取引情報用紙を全廃したほか、住宅ローン貸し出しの審査書類や本店から支店に送る行内資料「内部帳票」の一部も、業務とシステムの見直しを通じてペーパーレス化しています。環境負荷を軽減するだけでなく、約5億円の経費節減効果にもつながったそうですよ。

 一時のブームが過ぎても、いまだ注目を集める「エコ」。大企業が率先して進める環境対策に、一個人としてもやれるべきことはやるべきですよね。

というわけで、まずは身近な食生活のエコから改善したいと思います。割り箸や紙ナプキンはもちろん、使用後食器を洗う際の洗剤も環境にはよくありませんからね。今回は、「究極のエコ」としてペーパーレスならぬ「食器レス」にチャレンジしてみました!


▼お寿司(難易度★)


日本を代表するソウルフード、寿司。
箸で食べる方も多いですが、素手のままパクリと食べるのもいいですよね。


パクリ!
寿司を素手で食べるだけで、粋だけでなくエコであることもアピールできそうです。


▼カレー(難易度★★)

カレーを食べるときには、スプーンなどを使うライスではなく、素手で食べられるナンをセレクトするのがエコ男子の心得です。


ほら、なんだか地球温暖化の足音が遠のいて行ったようでしょう?(感覚には個人差があります)


▼焼肉(難易度★★★★)


一気に難易度を上げて、焼肉に挑戦!
食べる際だけでなく、網の上に肉を乗せるだけでも一苦労です。

続きを読む

この記事の元ブログ: 究極のエコ「食器レス」に挑戦してみた


最新の人気記事はコチラ
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみた
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方
デスノートをノート以外で考える
そろそろ「三角食べ」以外の食べ方にも名前をつけてやるべきじゃないか
ツイッターが映画化されたらどんな映画になるのか?
速報「坂本龍馬さん(33)が暴漢に襲われ負傷の模様」
電車やカフェでPSPをいじっている人がモンハンをやっているかどうか判別する3つのポイント