ある意味究極のやり込み!(画像:amazon.co.jp)

ダービースタリオン」は1991年に株式会社アスキーからリリースされた競馬シミュレーションゲームです。その後、スーパーファミコン、プレイステーション、ニンテンドーDS等へと続編がリリースされている人気ゲームです。

「ダービースタリオン」ではプレイヤーは馬主となり競走馬を生産・育成して、全G1レースを制するのが目的となっています。
※シリーズにもよりますが全G1レース優勝で一応のエンディングを迎えます。
やり込みその1一番ポピュラーなやり込みは「全重賞レース制覇」です。即ち、G1からG3までの全ての重賞レースを制覇すると、表彰室の棚が全て埋まります。すると優勝カップが光ります。ちなみにG3レース全制覇ですがG3でも年齢制限等があるレースが存在するので(特にデビュー直後のレース等)、相当な根気が必要です(G1全制覇よりG3全制覇のほほうが難易度が高いです)。
やり込みその2「ダービースタリオン」では各重賞レースごとにタイムレコードが記録されます。そこでトップ10のタイムレコードを全て自分の所有馬の名前で埋めるというものです。
※タイムレコードのトップ10を埋め尽くすためには同一レースを最低でも10回優勝する必要があります。
こんなやり込みも「ダービースタリオン」では牝馬は引退後、繁殖牝馬として所有することが可能です。そこで自分で育てた牝馬を繁殖牝馬にして、牝馬を生産して育てて再び繁殖牝馬とする「代替わり」システムが面白いです。そこで「代替わり」した牝馬のみで全G1レースを制覇するというやり込みがおススメです。このやり込みは普通にプレイしても狙えますが難易度はかなり高いです。
※ちなみに牝馬が生産出来ない場合はその時点でやり直しになります。

この他にも面白い「ダービースタリオン」のやり込みがあればどんどん試してみましょう!


(c)株式会社アスキー
▼外部リンク
ダービースタリオン
サラブレHP

■関連記事
モバスロ ヱヴァンゲリヲン〜真実の翼〜
【YouTube】ステルス度:99%
「ハヤテのごとく!」劇場アニメが今夏公開!
ニンテンドーDS「逆転検事2」がついに発売!
TVアニメ『SKET DANCE』 第1話アフレコ取材!