ファイル共有サービス『Baiduライブラリ』に早くも黄色信号?

写真拡大

(画像:Baiduライブラリより)

アジア最大級の検索サービスBaidu(バイドゥ)。ウェブ検索をはじめ、画像検索、動画検索を提供する同サービスではさまざまな形式の文書ファイルを無料で共有できるサービス『Baidu ライブラリ』が新たに展開。小説やレシピ、レポート、論文、フリーペーパーなどをアップロードしてみんなに共有したり、気になったファイルをダウンロードすることができる。

この『Baidu ライブラリ』ではマンガ作品などの著作権物が無断でアップロードされていることが早くも問題視されているようだ。同サービスには多数のカテゴリが設けられているが、漫画・コミックだけでもおよそ4,000件もの作品を確認することが出来る。タイトルだけ見ても『ゴルゴ13』や『北斗の拳』といったメジャータイトルも多く、なかには無断でアップロードしたものも存在しているものと思われる。

日刊テラフォーでもメールによる取材を試みたところ以下のような返答を頂くことができた。

アップロードされている一部のコンテンツは著作権上問題ないのかという問いに対して
著作権侵害物の削除の要請に関しましては、ご指摘頂いているドキュメントを含め、

内容を確認し、順次削除対応中でございます。

Baiduライブラリに関しては、サービスの利用規約で著作権を侵害するドキュメントの

投稿禁止をご説明しており、また著作権侵害物をチェックするシステムも導入しておりました。

今後は、システムの強化、及びご利用者様への規約の周知を徹底していきたいと存じます。

ネット上の違法やグレーゾーンには人が集まりやすいコンテンツとなるようですが、現状に対して運営元はどのように対応し、措置を講じるのか。今後の動向に、ますます関心が寄せられそうである。

Copyright © 2011 Baidu Japan Inc. All Rights Reserved.


▼外部リンク

Baiduライブラリ:無料ドキュメント共有サービス
ライブラリ


■関連記事
若槻千夏さん、パン一姿を公開
FIFAランキング サッカー日本代表が17位に(↑)
【マクドナルド】ハッピーセットに『ジュエルペット/ナルト』が登場
【YouTube】機動戦士ガンダム 全5話を配信中
【ニコニコ動画】ニコニコ生放送配信中に教師にこっぴどく怒られるJK