きのう(2011年2月2日)の両国はひっくり返るような騒ぎだった。八百長疑惑で、今度は動かぬ証拠が出てきたのだ。力士たちのケータイのメール。昨年の野球賭博で警視庁が押収したものだった。

「すぐはたかないで、突っ張るだけ突っ張らして、最後は投げがベストだと思う」 「星を返してくれ」「こいつから星借りてるよね」「こいつには貸しだっけ、借りだっけ」

   20、30と金額や振込先をうかがわせる書き込みもあった。

   昨年5月の十両・清瀬海と春日錦(現竹縄親方)とのやりとりは生々しい。

   清「立ち会いは強く当たって流れでお願いします」

   春「了解いたしました。では流れで少しは踏ん張るよ」

   清「来場所、もらえるならくれませんか。ダメなら20万は返して」

   春「セイサンが終わったら連絡する」

   計50件以上。取組の結果もメールの通りだった。

   これまでに13人の名前が出ており、相撲協会はきのう、このうち12人を呼んで事情を聞いた。一部報道では、竹縄親方、十両の千代白鵬、三段目の恵那司が八百長を認めたといわれる。

   緊急理事会のあと、放駒理事長は「必ずしも全員ではないかもしれないが、ファンへの裏切りであり、厳重に調査して、もし事実が判明したら厳しく処分する」と話すが、「過去には一切なかったと認識している」と付け加えた。

動かぬ証拠が先に出てきた

   大相撲の八百長については、これまでにもいろいろ取り沙汰された。2000年には元小結・板井圭介氏が「現役時代は80%が八百長だった」と発言(協会は全面否定)。3年前には「週刊現代」が朝青龍の八百長疑惑を報じた(協会が講談社などを提訴し勝訴)。07年にも週刊現代が宮城野親方が八百長を告白したテープがあると報道(親方は否定)した。


   今回はこれらと違って、証拠が先に出てきた。相撲評論家の中澤潔氏はこう話す。

「これまでもうさんくさい話はあったが、協会は八百長はないとの立場で、調査もしなかった。動かぬ証拠の第1号です」

   司会のみのもんた「部屋の教育は厳しいんでしょう」

   中澤「そのはずだが、最近は外国人力士までが八百長という言葉を知っている。そういう空気がみなぎってるということ」

   みの「おかしいなとわかるもんですか」

   元関脇・巨砲「だいたいわかりますけど、逆に緊張で足滑らしたりもある。見極めはむずかしい」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「十両と幕下では給料も違うんでしょうけど、本気でぶつかっていると思っていたのが、違うとなると…」

   中澤はさらに「危機意識が感じられない。「八百長と思われたら興業がなり立たないのに」と言う。

   相撲協会の特別調査委員会(伊藤滋座長)が13人の聴取と全力士へのアンケートをまとめ、結果を6日の理事会に出すというのだが、いったいどうなるか。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!