次世代PSP『NGP』があまりにも高画質すぎてヤバイ! ゲームファンたちが驚く

写真拡大

2011年に発売が予定されているソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯型ゲームハード『NGP』(価格未定)。人気の『PSP』の上位機種となり、いまから発売が待ち遠しいというゲームファンも多くいるのではないだろうか?

すでにインターネット上には『NGP』のゲーム画面が掲載されており、驚異的なグラフィック能力の高さに多くのゲームファンたちがドギモを抜かれている。まさに、「持ち運べるプレイステーション3」といっても過言ではないくらい超高画質なのだ!

『NGP』によるゲームプレイ動画は動画共有サイトYouTubeに掲載されており、世界中の人たちから「すげえ!」や「これは3DS終わったな」などの声が寄せられている。確かに、この動画を見るかぎり、『ニンテンドー3DS』よりもハイクラスな映像美を実現している。正直、かなり衝撃的だ。

「ゲームの本質はグラフィックではなくゲーム性だ」という人たちが多くいるが、ひとつ忘れてはならない事がある。ゲームは時代に合わせて一定以上のグラフィック品質を保っているべきであり、いくらゲーム性が良いゲームでもショボいグラフィックでは面白さも半減してしまう。

『NGP』には『ニンテンドー3DS』と同様にタッチパネルが搭載されており、遊びのカタチに広がりのあるゲームハードとなっている。発売してみないことにはわからないが、ゲームハードとしては『NGP』のほうが優勢なのではないだろうか?

screenshot:YouTube yourwholeworld.

このニュースの元記事を読む

■関連記事