culture110201_2main

写真拡大

アン・ハサウェイ(Anne Hathaway, 28)は『バットマン』シリーズ最新作の『The Dark Knight Rises(原題)』でキャットウーマンことセリーナ・カイルを演じる。ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)やキーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)ら強力なライバルを押しのけての獲得だとみられているが、実は猫アレルギーで、猫には近寄れないほどひどいと伝えられている。

アンは動物好きで、犬を数匹飼っているが、猫に触れたとたんくしゃみが止まらなくなるのだという。
「アンは前から猫アレルギーで、犬のほうが大好きなのよ」とある事情通が明かす。「飼っているチョコレート・ラブラドールのエスメラルダをすごくかわいがっているけど、猫は家に入れようとさえしないわ。キャットウーマンを演じるためなら危険をかえりみないという役者魂の表れに違いないわ!」

クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督は先日、アンと仕事ができることに「興奮」していると発言し、彼女こそキャットウーマン役に最高のキャスティングだと期待を込めている。

アン演じるキャットウーマンが悪役となって登場するのか、あるいはクリスチャン・ベイル(Christian Bale)扮するバットマンとのロマンスに焦点をあてるのかは不明。

『The Dark Knight Rises』は2012年の公開が見込まれていて、クリスチャンは最近、バットマンを演じるのはこれが最後になるとほのめかしていた。

■関連記事
生誕100年。7の敵と戦った岡本太郎の展覧会
「ハリー・ポッター」J・K・ローリングの伝記映画
サラ・ジェシカ・パーカー、新生「SATC」に待った!?
10歳の天才少女シンガー、ヘザー・ラッセルに大物Pサイモンも注目
レディー・ガガ、72時間におよぶ卵の中の体験を語る