男性のセックスは勘違いだらけ

写真拡大

 男たるもの、女性とベッドを共にする際はできるだけ満足してほしい、そしてできれば絶頂まで導きたいと思うもの。
 ところが、かつてAV女優としてカリスマ的人気を誇り、女優としても活躍している愛染恭子さんの著書『間違いだらけのセックス』(ロングセラーズ/刊)を読むと、男性が女性の体やセックスについて、いかに誤解をしているかがわかります。
 今回は本書に紹介されている、男性にありがちな“セックスについての誤解”をいくつか紹介します。

■感じているかいないかを声で判断する、という間違い
 セックスについて、男性がしている誤解として、愛染さんは「感じてくればくるほど、女性の喘ぎ声が大きくなる」ということを挙げています。しかし、女性からしてみると、そのような声で“演技”をするのはさほど難しくないのだそう。
 大きな声を出しているからといって感じているとは限りませんし、また声がないからといって感じていないとも言い切れない、ということはわかっておいた方がよさそうです。

■前戯には時間をかけるべきだ、という間違い
 前戯には時間をかけて、というのはよく言われることですが、あまりそれにこだわり過ぎてはいけません。
 どういうことかというと、ベッドに入る前からでも前戯は可能なのです。例えば一緒に食事をしているときに、「食べ物を口に含んだ状態で視線を合わせる」「視線を合わせたままテーブルの下で互いの脚を絡ませる」などといった行為も、相手に性的な信号を感じさせるものであり、前戯になりえると愛染さんは言います。その後にホテルの部屋で改めて前戯をすると、女性のテンションが落ちてしまうこともあるそうです。

■女性が絶頂に達してこそいいセックスだ、という間違い
 女性にとっての「いいセックス」とは、オーガズムを得られたセックスだけとは限りません。イクことはなくても幸福感に満たされたら、それはいいセックスなのだというのが愛染さんの考えです。
 女性を絶頂まで導くことができなかったからといって落ち込む必要はありません。女性が幸福感を得るような愛撫を工夫すればいいのです。

 『間違いだらけのセックス』にはこの他にもセックスについての男性の間違いや、その直し方が数多く紹介されています(あまりに表現が露わだったため、記事にはできませんでしたが)。
 セックス自信を持てない男性には一読をオススメします。
(新刊JP編集部)


【関連記事】 元記事はこちら
女性はどれくらいマスターベーションをするのか
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
浮気…正直に相手に謝るべき?
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?

【新刊JP注目コンテンツ】
小池龍之介『坊主失格』特集ページ
『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』特集ページ!