VIKTOR&ROLF 国内一の品揃えで阪急メンズ館にオープン

写真拡大

 「VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)」が2月1日、梅田阪急百貨店メンズ館にコーナーショップをオープンした。コーナーは2階インターナショナルスタイルフロアの自主編集ショップ「ガラージュ D.エディット」内に設け、梅田阪急百貨店の限定アイテムや最新コレクションを並べる予定。国内に直営店を持たない同ブランドにとって梅田阪急百貨店はメンズアイテムを最も揃える店舗となる。

V&Rメンズ大阪でコーナー展開の画像を拡大

 「VIKTOR&ROLF」は、2007年春夏シーズンより"エレガントでモダンな男性のためのコレクション"としてメンズウェアの展開をスタート。フォーマルとインフォーマルの調和を試みる洗練された着こなしを提案しており、プリントや刺繍で取り入れられるデザイナーメガネモチーフやトロンプルイユなど遊び心あるデザインもまた、魅力のひとつとなっている。店頭に並ぶ2011年春夏コレクションでは、1940年代のフランス南西部のプライベートビーチにインスパイアされた、ナチュラルかつクラシックな色調を中心としたジャケットやシャツ、ニットウェアを展開する。

 「VIKTOR&ROLF」がコーナーを設ける「ガラージュ D.エディット」は、スタイリスト野口強氏がプロデュースした最新モードを独自に編集したショップ。「KRIS VAN ASSCHE(クリス ヴァン アッシュ)」や「THOM BROWNE(トム ブラウン)」、「LAD MUSICIAN(ラッド ミュージシャン)」など、国内外人気ブランドのコレクションから厳選されたアイテムを揃えている。