(ネタバレ注意)放浪息子第3話、男が女役、女が男役の「倒錯劇」

写真拡大

(画像:Amazon.com)
第3話「ロミオとジュリエット」TVアニメ「放浪息子」第3話が放送された。
 
同作品は、「女の子になりたい男の子」二鳥修一と、「男の子になりたい女の子」高槻よしのの物語。よしのが、時々男装をして遠くの街へ出かけることを、修一に告白し、それをきっかけに2人はお互いの秘密を共有していく。

第3話。クラスで文化祭の準備がはじまり、多数決の結果、1年3組は男子が女子の役を、そして女子が男子の役を演じる「倒錯劇」を行うことになった。
 
よしのの提案で、修一は劇の脚本を書くことになるが、同じく脚本を書いてきたさおりと、担任の提案で共同脚本作業をする事となる。
 
修一の部屋で、修一と誠の女装を発見した時の姉の反応が最高でした。相変わらず感情でぶつかり合ったり、バスケ部の顧問からブラジャーをつけてくるように言われてショックをうけたりなど、「そんな時代もあったな」と、学生生活を思い出す方も多いのではないでしょうか。
 
果たして、倒錯劇は成功するのでしょうか、次回も期待です! 
(C)2011 Takako Shimura/PUBLISHED BY ENTERBRAIN,INC./「放浪息子」製作委員会

▼外部リンク
放浪息子
放浪息子 1 [Blu-ray]


■関連記事
イナズマイレブン人気投票第2回終了・結果発表!
スバル×ガイナックス「放課後のプレアデス」がついに公開!
「エルシャダイ」の開発が無事完了!イグニッション・エンタテインメントより発表。
海洋堂より「ジャック・スパロウ」フィギュア予約開始!
サーファーズパラダイス「オオカミさん」フィギュアコレクションが4月に発売!