中村蒼、『行け ! 男子高校演劇部』で主演
 2011年、新成人となった中村蒼の躍進は止まらない。まだ年が明けて一月程しか経っていないのに、既に5本の映画に出演することが決定している。『サビ男サビ女』、『ほしのふるまち』、『キミとボク』、『マイ・バック・ページ』に続く5本目は『行け ! 男子高校演劇部』。本作は、高校に入ったばかりの小笠原元気(中村蒼)とカジ(池松壮亮)が、勘違いと勢い余った一目惚れにより、廃部寸前の演劇部に入部し、盛り立てて行くという物語だ。

 中村はコメディ初挑戦ということについて「コメディはやったことがなく、どちらかといえば苦手分野だったので、今回この役をやるのは、自分で想像が出来なかった。僕にとってかなりの挑戦だったのでプレッシャーを感じました。でもみんなで撮影に入る前に読み合わせをした時に“いけるかも”と思いました。勝手に苦手意識を持っていたんです。」と、手応え十分の様であった。監督の英氏も中村蒼さんの演技について「日本の俳優でジム・キャリーを超える逸材です。」と太鼓判を押している。

 中村の他にも、稲葉友、冨田佳輔、池松壮亮、川原一馬、金子直史と出演者はイケメン揃い。このイケメン達がおバカな演劇部員を演じるそのギャップは一見の価値がありそうだ。

 『行け ! 男子高校演劇部』は2011年夏、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国公開 !