【ニコニコ動画】アニメ「夢喰いメリー」から佐倉綾音さんと主題歌を歌う藤原鞠菜さんがニコ生に登場!

写真拡大

盛りだくさんの1時間でした!1月27日、ニコニコ生放送番組「電波研究社〜アニメ・ゲーム・アニソン〜」にTVアニメ「夢喰いメリー」からメリー・ナイトメア役佐倉綾音さんと、主題歌「Daydream Syndrome」を歌う藤原鞠菜さんが出演し、キャラクター紹介や楽曲の紹介を行われた他、ドジッ子かつ笑い上戸という佐倉さんの意外な一面も明らかになりました。

また番組後半ではセガから1月27日発売となったPSPゲーム「戦場のヴァルキュリア3」でメインキャラクターのイムカを演じる浅野真澄さんとプロデューサー本山真二さんが登場。ゲームシステムなどを解説。実際にゲームの体験プレイも行われ、その魅力を視聴者にアピールされました。
電波研究社〜アニメ・ゲーム・アニソン〜毎週木曜日20時から1時間枠で放送されるニコニコ生放送の番組で、MCを担当するのはラジオパーソナリティなどで活躍中の鷲崎健さんとアーティストのMay’nさん。

人気TVアニメ「夢喰いメリー」からのゲスト!
番組がスタートし、まず登場したのはTVアニメ「夢喰いメリー」の声優を務める佐倉綾音さんと、主題歌を歌う藤原鞠菜さんでした。佐倉さんはどうやら“笑い上戸”らしく、登場するなりネームプレートを逆に置き、鷲崎さんにツッコまれるともうそれだけで笑いが止まらなくなっていらっしゃいました。

そんな彼女が演じるキャラクターはメリー・ナイトメア。羊をモチーフにしたというキャラクターとのことで、くるくると巻かれた布や目の瞳孔が羊のように四角くなっているところなど、こだわり抜いたデザインが魅力の一つです。

また佐倉さんにとっては今作が初の主演であり、演じた感想を尋ねられると、「監督にはあまりアニメっぽく作りすぎず、ナチュラルに演じてくれと言われたのでそのあたりを気にして演じました」と初主演にも物怖じしていない様子で堂々と返答されていました。

そんな「夢喰いメリー」の主題歌「Daydream Syndrome」は、歌っている藤原さん曰く「かっこいい曲。作曲者の『IOSYS』さんが当時発売されていた原作を全部読んで、それを曲に詰め込んでいます」とのことで、疾走感のあるPVとの組み合わせには視聴者からも「面白そうだな」「今季のアニメOPは豊作だよな」というコメントが寄せられていました。


発売直後!話題タイトルが登場!!そして番組後半では、PSPのゲーム「戦場のヴァルキュリア3」からイムカ役の浅野真澄さんと、セガの本山真二さんが登場。

まずは本山プロデューサーから「戦場のヴァルキュリア3」について「第二次世界大戦風の架空のヨーロッパが舞台。ガリアという国の中で犯罪者や軍のはみ出し者が集まった虐げられている部隊の物語です」という説明があり、続いて浅野さんからは自身が演じているイムカについて「一言で言うとものすごく美味しい役。好きにならずにはいられない設定がてんこもり。ダブルヒロインといいながらも、私の方が美味しいんです(笑)」と茶目っ気たっぷりの紹介が。

また、その後にトークの流れで「もし願い事が叶うなら何を願うか」という質問をされると、これに本山プロデューサーが「奥さんに口聞いて欲しい」と切実な願いを述べ、一方の浅野さんは「青二(プロダクション)の中で権力を握りたい!」と冗談めかして答えるなど、好対照の回答で名コンビぶりを発揮されていました。

そんな「戦場のヴァルキュリア3」の主題歌を歌っているのは、なんと本番組のMCであるMay’nさん。

歌うことになったきっかけについて本山プロデューサーは、「6月くらいにゲームの告知方法を考えていて、この世界観を歌い上げてくれる人を探していたとき、May’nさんの声を聞いて、歌ってほしいなと思いました」と述べ、またMay’nさんも「この楽曲はお話をいただいてから制作しました。今回の設定をもとにして、“自分自身で這い上がっていかなければいけない”という曲になっています」と楽曲のテーマについて語られました。

番組の最後には実際に「戦場のヴァルキュリア3」のプレイも行われ、今回からの新要素である「武装開放」(画面上に入った敵を一気に攻撃できる特殊技)が披露され、多くのユーザーがその魅力に触れることができたようです。




次回の「電波研究社〜アニメ・ゲーム・アニソン〜」はどんな内容となるのか、楽しみです。

▼外部リンク

電波研究社〜アニメ・ゲーム・アニソン〜放送ページ

■関連記事
テレビ東京・1月31日放送開始『一狩りいこうぜ!』最強モンハン番組
【YouTube】自分ごとスラムダンク
水陸両用マッスィ〜ン『X-RHex』がVerアップ
四元 奈生美さん写真集『Yotsumoto』
声優・水樹奈々さんの自叙伝『深愛』オリコン初登場