花粉症と困る職業は何だと思いますか?

写真拡大

 アイシェアは31日、2011年の花粉大量飛散に先立ち、意識調査を実施した結果を公表した。対象者は20代から40代のネットユーザー男女2,766名で、回答結果より「もしも花粉症だったら大変だと思う職業ランキング」を集計した。

 環境省が実施している調査研究報告(第1報)によると、昨年の猛暑の影響で、東海地方や近畿地方の一部では昨シーズンに比べ10倍以上、関東から北の地方と西日本でも昨シーズンの2倍〜6倍になる地域が多いと予測されている。今回の調査では、まず「仕事中に心配される花粉症の悪影響は何だと思うか」と尋ねたところ、「集中力の低下(87.4%)」が2位以下を大きく引き離して1位となった。

 そして「もしも花粉症だったら大変だと思う職業」を尋ねたところ、店舗店員、カウンター、アテンダント、教師などの「対面接客業(77.9%)」が1位となった。2位には調理、加工食品生産などの「食品取扱者(67.8%)」がランクイン。以下、「アナウンサー・ナレーター・司会者(60.8%)」が3位、タクシー、バス、トラック、パイロット、重機などの「職業運転者(59.8%)」が4位、とび職などの「高所従事者(56.2%)」が5位となった。これらの職業で大変だと思う理由を自由回答で答えてもらうと、くしゃみや鼻水の症状、薬による眠気が仕事に差し支える、といった回答が多く、「職業運転者」に関しては、本人も他人も命の危険にさらされる可能性を問題視する声が多数みられた。

 この結果について、鹿児島大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の黒野祐一教授は、「花粉症対策に内服薬(抗ヒスタミン薬)を用いるのは有効な方法ですが、薬剤によっては眠気が強くなり、自覚がないのに集中力が低下している“インペアード・パフォーマンス”が起こっていることが少なくない。その点で言えば、集中力低下が命に関わる高所従事者や人の命を預かるドライバーなどは要注意。医師が処方する薬のなかには、花粉症に有効で、かつ眠気がほとんどなく、“インペアード・パフォーマンス”が起きる可能性が非常に少ないものがあります。まずはプロである医師に相談してみるのがやはり一番」とのコメントを寄せている。

 ちなみに調査が行われた12月時点に、「2011年度の花粉飛散量は2010年より非常に多いことが予想されている」ことを「知っている」としたのは全体の48.6%。若い年代ほど認知率が低く、20代では36.6%にとどまった。


■関連ニュース
花粉飛散量をリアルタイムで表示、花粉症情報サイト「花粉なう」
ウェザーニューズ、今期の花粉飛散予報をいちはやくスタート…「花粉対策メール」も開始
ドコモ、全国2,500個所へ環境センサー配置を完了……気象・花粉に関する全国実況を提供開始
花粉対策への出費、例年よりも「平均6,033円」増加……トレンダーズ調べ
花粉症、来年の“5倍飛散”に向け、12月頭時点で「すでに対策開始」が21%も……トレンダーズ調べ
2011年の花粉飛散量は今年の5倍に……トレンダーズ、「花粉対策 最新トレンドNEWS!」サイトを公開
2011年の花粉量予想、昨季比東京で8倍、関西では10倍を超えるところも!
来年のスギ花粉、関東は今年の7〜8倍、近畿では10倍という予想
花粉シーズン、九州では4月中旬、その他は4月下旬で終了の見通し
Twitterのつぶやきから花粉飛散情報〜よりリアルタイムな情報を提供