モノポリー決戦は2月6日!(画像:amazon.co.jp)

「モノポリー」は1935年にアメリカのチャールズ・ダロウという方が考案したとされるボードゲームです。これまでも何度か日刊テラフォーでも「モノポリー」関連の記事を取り上げたことがございます。今回はモノポリーをしたことがないという方向けに、初心者でも気軽にモノポリーが出来るゲームサークルをご紹介したいと思います。

※「モノポリー」とは、プレイヤーがサイコロを振ってボード上を移動し、そこにある土地や建物等を購入して不動産経営をしていき、最終的に資産を独占(モノポリー)したら勝利となるゲームです(「いただきストリート」と似ています)。
荒川モノポリークラブ(ARAMC)で「あらモノ杯」「名人戦」「竜王戦」が同時開催!以前荒川モノポリークラブ(ARAMC)というモノポリークラブをご紹介いたしました(詳細はリンク先を参照してみて下さい)。

平成23年2月6日に荒川モノポリークラブでタイトル戦「あらモノ杯」が開催されます。

大会システムを簡単に説明いたしますと、4ゲームトータル成績を競う「あらモノ杯(優勝者は金将の称号を得られます)」、半年間のリーグ戦の成績上位10名によって行う「あらモノ名人戦」、各部門表彰者及び当日の成績上位者等によって行われる「あらモノ竜王戦」行われています。

特に「あらモノ竜王戦」の当日枠ですが「第3ゲームで最速モノポリー勝ちをする」ことで、いきなり決勝卓に進出することが出来ます。つまり、当日初参加で初タイトルも充分可能なのです(更に「あらモノ竜王」になられた方は次回の「あらモノ竜王戦」の決勝卓シード権も付与されます)。

なお「あらモノ杯」は参加賞も含め大会での景品が味のあるものが多いことでも有名で、優勝者には日本将棋連盟の豪華な扇子等が授与されます。また、参加者には何かしら貰えますが前回はアニメ系(「狼と香辛料?」のバスタオル等)の非売品グッズが多数出展されました。

さあ、レッツプレイモノポリー!


(C)2003 HASBRO,INC.
▼外部リンク

荒川モノポリークラブHP
モノポリー

■関連記事
【懐かしいゲーム特集】「イシターの復活」(やりこみゲームその11)
(ネタバレ注意)アニメ「フラクタル」第3話、フラクタルから離れたロストミレニアム
オリジナルアニメ「森田さんは無口」のお知らせムービーが公開!
アニメ化で人気上昇確実!?シュタインズ・ゲート「ねんどろいど 牧瀬紅莉栖」ついに発売!
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のTV未放映話2月下旬より配信