【懐かしいゲーム特集】「イシターの復活」(やりこみゲームその11)

写真拡大

裏イシター!(画像:amazon.co.jp)

イシターの復活」は1986年に株式会社ナムコからアーケード版としてリリースされたアクションRPGです。

「イシターの復活」は1986年当時のアーケードゲームとしては極めて珍しい「2人同時プレイ」が前提となるアクションRPGです(「ギル」と「カイ」を同時に操作する必要性があるため、一人で「イシターの復活」をプレイするというのは難しいと思われます)。

※現在では主にネットゲームを中心に多人数リアルタイムRPGという作品も多数あるのですが、それらは基本的に各プレイヤーが操作キャラを1名づつプレイすることを前提としているため、一人のプレイヤーが2人同時にキャラを操作することを意図しているものではありません。

「イシターの復活」の大きな特徴として、プレイヤーキャラクターが成長していき、特に「カイ」が新たな魔法を覚えるようになることと、各ルームの謎を解き明かすことがあります。これにより当時のゲームセンターでは「イシターの復活」の謎解きをいち早くなすべく、多くのゲーマーが挑戦していました。
裏イシター!1996年プレイステーションに移植された「イシターの復活」では「裏イシター」という特殊モードが存在しています。この「裏イシター」は「表イシター」と比べて、大きく異なる点があります。
1.コンティニューが無い。そのため、ワンコインクリア―が必須となる。
2.ゲーム進行中に「ギル」と「カイ」が成長していき、またHPやMPの回復方法がある。

※「表イシター」では原則としてコンティニュー時にレベルアップがなされます。
3.マップやルームの繋がりが「表イシター」と全く違う。また「裏イシター」独自の謎解きが多数ある。

このような仕様のため、「裏イシター」は「表イシター」を極めたプレイヤーが挑戦するにふさわしい内容となっております。「イシターの復活」完全制覇を目指してみましょう!


(C)NAMCO CO.LTD
▼外部リンク
ナムコミュージアム Vol.4

■関連記事
(ネタバレ注意)アニメ「フラクタル」第3話、フラクタルから離れたロストミレニアム
オリジナルアニメ「森田さんは無口」のお知らせムービーが公開!
アニメ化で人気上昇確実!?シュタインズ・ゲート「ねんどろいど 牧瀬紅莉栖」ついに発売!
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のTV未放映話2月下旬より配信
【YouTube】猫×カメムシ