世界500足 ピエール アルディの限定スニーカー

写真拡大

 フランス発のラグジュアリーシューズブランド「PIERRE HARDY(ピエール アルディ)」が、全世界500足限定のレアなスニーカーを発売する。毎回人気を博しており、発売後すぐに完売してしまうという限定スニーカーは今回で7回目の展開。2011年2月2日から伊勢丹新宿店 本館1階に新設される「PIERRE HARDY」のシューズコーナーで販売をスタートする。

ピエール アルディ限定スニーカーの画像をもっと見る

 パリシック&モードなシューズで知られている「PIERRE HARDY」。限定スニーカーは、マルチカラーやキューブプリントなど、通常ラインのシューズとはひと味違ったグラフィカルなデザインが特徴となっている。第7弾となる今回は、"コラージュ アート"をテーマにゴールドをアシンメトリーにあしらい、つま先部分にブルーのベルベットを使用することで美しい素材のコラージュを表現。ホワイトのパテントパイピングによって引き締めたデザインがポイントだ。

 「PIERRE HARDY」は、デザイナーPierre HARDY(ピエール・アルディ)が手掛ける高級シューズブランド。ピエールは、1988年から「Christian Dior(クリスチャン ディオール)」や「HERMÈS(エルメス)」など様々なブランドでキャリアを積み、1999年に自身のブランド「PIERRE HARDY」を創立している。2001年からメンズコレクションをスタートし、その後もブランドを継続しつつ「BALENCIAGA(バレンシアガ)」のシューズデザインを担当。2007年には「GAP(ギャップ)」とのコラボレーションモデルを発表している。