黒夢×VANQUISH 新宿で1曲限りのゲリラライブ

写真拡大

 復活ライブを控えるロックバンド「黒夢」が2011年1月29日、新宿アルタ前のステーションスクエアでゲリラライブを敢行した。サポートはメンズブランド「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」。数千人の熱狂の中「少年」ワンコーラスを披露したところで中断となり、幻のライブとなった。

黒夢×VANQUISH ゲリラライブの画像をもっと見る

 ネット上で「黒夢 1/29 X-DAY 新宿 Supported by VANQUISH。」という謎の告知が公開されたのは約1週間前。「黒夢」にとって1月29日は、因縁の日とも言える「X-DAY」。1999年に突然の無期限活動停止を宣言した日であり、それから10年後の2009年に1日限りの復活を遂げた日でもある。さらに2010年1月29日には、清春が自身のブログで再び活動再開を表明。そしてついにやってきた2011年の「X-DAY」当日、公式ツイッターでゲリラライブの開催を匂わせる告知がツイートされ、新宿に多くのファンが集結した。

 予告の17時を過ぎたころ、新宿ステーションスクエアに集まった数千人の大歓声が響く中、特設ステージに「黒夢」が登場。ボーカルの清春は「VANQUISH」のレザージャケットとブルーのパーカーを着て「少年」のライブステージを披露した。当初、新曲を含めて3曲を披露する予定だったが、あまりの混雑に1曲目の途中で終了。強制退去となった。

 「黒夢」は2011年2月9日に約12年半振りとなるシングル「ミザリー」の発売を控えており、さらに2月26日に国立代々木競技場第一体育館で復活ライブ「FUCK THE FAKE STAR」を開催することが決定している。「VANQUISH」のサポートは今後も継続し、ライブの開催に伴ったコラボアイテムの販売など、様々なタッグが予定されている。

■VANQUISH 最新コレクション:2011年春夏メンズコレクション「NEW WORLD」