NECとレノボがパソコン事業で合弁会社を設立へ

写真拡大




日本電気(NEC)とレノボは1月27日、戦略的提携に基づく合弁会社“Lenovo NEC Holdings”を6月中旬をめどに設立することを発表しました。日本市場でトップシェアを持つNECと世界市場で4位のシェアを持つレノボの提携により、国内最大のパソコン(PC)事業グループが生まれることになります。

提携の内容はレノボ51%、NEC49%の出資で合弁会社Lenovo NEC Holdingsを設立し、その傘下に100%子会社としてレノボ・ジャパン、NECパーソナルプロダクツからPC事業を分社化した新会社NECパーソナルコンピュータが入るというもの。NECの個人向けブランド『VALUESTAR』『LaVie』、法人向けブランド『Mate』『VersaPro』、レノボの『ThinkPad』『IdeaPad』といったブランドはそのまま継続し、生産、開発、販売面での協力体制を整えていく考え。

提携による戦略的効果
発表会見でNEC代表取締役 執行役員社長の遠藤信博氏は、提携の戦略的効果として「両者の開発連携による製品力強化」「スケールメリットを生かした価格競争力強化」「NECのビジネスPCの海外展開拡大」を挙げています。この提携をきっかけに、今後はタブレットやスマートフォンの開発・販売、サーバー製品の販売など協力分野の拡大を検討していくとのこと。

左はレノボ・グループCEOのユアンチン・ヤン氏、右はNEC代表取締役 執行役員社長の遠藤信博氏
レノボにとっては、2010年の日本市場のシェア7.2%から一気にトップシェアを獲得し、NECが強い大企業や官公庁に販路を拡大できるのがメリット。レノボといえば、2004年にIBMからPC事業を譲り受け、『ThinkPad』ブランドを継続して開発・販売していますが、同社はこの経験を生かしてスムーズに新体制への移行を狙うとのこと。両者の提携により新しいPCブランドが生まれるのか、またタブレットやスマートフォンに提携の範囲が広がり新しい製品が登場するのか。両者のシナジーで今後、魅力的な製品が投入されることに期待したいところです。

両社の友好関係をアピール

■関連記事
NECビッグローブがNEC製『LifeTouch』がベースの7インチAndroidタブレットを一般向けに発売へ
キズがついてもすぐに修復!? 『スクラッチリペア』機能を搭載したNECのネットブック『LaVie Light』
スマートフォンじゃない! フルキーボードを搭載して進化した“ガラケー”『N-08B』製品レビュー
レノボが3D対応の高性能タワー型デスクトップPC『IdeaCentre K330』発売へ
シリーズ最小・最軽量の『ThinkPad Edge 11”』