完全復活! 尾崎南が語る″空白の5年間″、『絶愛』『BRONZE』への想い

写真拡大

マンガ家・尾崎南氏復帰記念インタビュー(前編)

 実の母親が父親を殺した過去から、他人を遠ざけて生きてきたサッカー少年・泉拓人。何もかもが手に入る環境ながら、無気力な人生を歩んできたカリスマシンガー・南條晃司。そんな二人が出会い、「男性同士の愛」に悩みながら、過酷な運命に翻弄される――。伝説の少女マンガ『絶愛−1989−』(以下、『絶愛』)、その続編でもある『BRONZE−ブロンズ−ZETSUAI since 1989』(以下、『BRONZE』)をご存じだろうか? 衝撃的なストーリー展開と、"王道少女マンガ誌の「マーガレット」に掲載された男同士のラブストーリー"に、思春期に熱狂したアラサー女子は少なくないだろう。作者である尾崎南氏は、2006年に『BRONZE』14巻を描き上げ、活動を休止。そんな尾崎氏が約5年のときを経て、本日発売の「コーラス」(集英社)で復活を果たすことになったわけだが、その心境やいかに!? 空白の5年間と、『絶愛』『BRONZE』に対する思いを聞いた。

――5年ぶりの復活ということで、ファンの皆さんも新作を楽しみにしていると思います!

尾崎南氏(以下、尾崎) ありがとうございます。

――今回、「コーラス」に掲載される『BRONZE外伝 華冤断章−天使降誕−』は、『BRONZE』に登場する、言わば主人公たちの敵キャラ、南條広瀬と、彼に仕える倉内史義の話。なぜこの2人のストーリーを描こうと思われたのですか?

尾崎 広瀬は番外編でも何度も描いているんですけど、もっと掘り下げたいと思っていた人なんです。活動を再開するのであれば、いきなり新作というよりは、読者のみなさんも続きを待ってくれていましたし、『BRONZE』に関連するものを描こうかと。でも、主人公の南條晃司と泉拓人を描くのは、ちょっとまだ精神的に無理ですね(苦笑)。

――5年間の活動休止を経て、「よし、また描こう!」と思えたきっかけは?

尾崎 この5年間はずっと闘病生活で、描くことからはほとんど離れていました。何年か前から活動再開のお話は何度か頂いていたんですが、その度に「やっぱりダメかな......」の繰り返しでした。今回は突然、こう、何か降りてきたんですね。ドカーンと。いつも突然降りてくるんです、何かが(笑)。

――壮絶なストーリーですもんね......。少女マンガで、主人公が自分の腕を切り落とすシーンが出てくるとは思いませんでした。

尾崎 自分の中では自然な流れだったんですが、皆さん驚いてましたね(笑)。

――そもそも少女マンガに描き始めたきっかけは?

尾崎 流されるがままに『絶愛』の連載が決まった感じです。最初に『3DAYS』という、『絶愛』の番外編のような話を読み切りで描かせていただいた後に、「とりあえず10回の連載で」ということで『絶愛』本編を描き始めました。でも、あの話を10回で完結させられるはずもなく、「じゃあ、いけるところまでいっちゃおう!」と。

――『絶愛』は「同性の恋愛」を描いたために、「人を愛するとは何か」という哲学的なテーマも含んでいましたし、間接的な性描写もあり、少女マンガとしては異色の存在でした。編集部側からの要望はありましたか?

尾崎 言葉の使い方や性的表現のチェックがあるだけで、ストーリーに関してはほとんどないですね。最初から、「私はこれしか描けません」というお話もさせていただいていましたし。絵として腰つきがNGだったりしたこともありましたが(笑)。ただ拓人がベッドに座ってるだけの絵なんですが、腰がそんなにやばかったんでしょうかね(笑)。あとはほとんど何事もなく好き勝手に描かせて頂きました。結局、体がもたなくなって、1年で連載を終わりにさせていただいたんです。月2回の連載は体力的にも精神的にも本当にツラくて、当時のことは記憶に残っていないぐらいです。