労務行政研究所が、労使の当事者と学識経験者を対象に実施した「賃上げに関するアンケート調査」で、2011年賃上げの見通しが、全回答者451人の平均で、1.72%(5316円)となったことが分かった。経営側の7割はベースアップは「実施しない予定」と回答している。

 賃上げの見通しを労使別にみると、労働側1.73%(5345円)と経営側1.73%(5356円)で一致した。厚生労働省の2010年主要企業賃上げ実績1.82%(5516円)を下回る水準となっている。

 定期昇給については、経営側の84.6%が「実施する予定」と回答しているが、ベースアップについては、「実施しない予定」が71.3%となった。ベースアップについては労働側も「実施すべきではない(実施は難しい)」が57.7%に上っている。

 同調査は、10年12月7日から11年1月12日に実施し、労働側201人、経営側143人、学識経験者107人から回答を得た。

【人事の最前線】下がり続ける賃金で業績を維持できるのか
スペシャリスト人材も業界で賃金格差、4割がボーナスなし
人材採用の専門誌が評価する「人材紹介会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門誌。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。