ソニーはゲームをあきらめていなかった。

写真拡大

本日発表されたNGP。発表会会場の最前列で見ることができたので所感を書いておきたい。

先に筆者の立ち位置を述べておこう。古くからのゲームファンながらニンテンドーDS以降任天堂シンパとなり、PSPもPS3も買っていない。PS/PS2の成功による驕りから来たような製品の出来に納得がいかなかったからだ。モバイル端末でありながら、モーターで電力食い、読み込み遅しのUMDを搭載したPSP。闇雲にグラフィック性能をアップさせて、全体のバランスを欠いたPS3。開発や量産に多額の資金を注ぎ込み、相当の負債を負ったとも聞いている。動画配信など家電系の展開はあっても、もうゲームにはあまり力を入れないのではとすら思っていた。

本日のPlayStationMeeting 2011で新型PSPが発表されることは事前情報で把握していたが、そんなわけで自分は様々に流れる噂のうちのほぼ最低レベルを予想していた。モバイルネットワーク通信機能(3G)を積んだ、いわゆるPSP Phoneだ。実際アンドロイド端末向けにプレイステーションのゲームを提供するという「プレイステーション スイート」の話が出たところまでは予想どおり。

だが聞き慣れない「Next Generation PSP(NGP)」の言葉と、それがスクリーンに映し出されたあたりから様子が変わってきた。旧来のPSPとそれほど代わり映えのしないフォルムではあるが、説明を聞いているうち、これまでのPSPとはだいぶ趣が違うとわかってきたのだ。

自分がネガティブに感じていた要素はきちんと解消されていた。(現在のPSPユーザーは複雑な心境だろうが)UMDは取り払われ、ソフトは独自のフラッシュメモリーカードによる提供となった。スティックは扱い易いものになった(ようで)右側にも追加された。さらに有機ELディスプレイの5インチ大画面。PS3並みの画質というが、この場合「画質」を一番のウリにするのではなく、PS3の開発環境から移行しやすいというアプローチを強くアピールしていたのが興味深い。
また背面タッチパッドに代表される新規入力デバイスの導入。3Gでいつでもアクセスできるネットワーク環境を利用した位置情報サービス(NEAR)など、任天堂のやり方を研究、踏襲している点がいくつも見受けられたのが強く印象に残った。
ソニーはゲームをあきらめてはいなかったのだ。

もっとも今回のミーティングではクリティカルな話は一切なされていない。これだけのマシンパワーとなるとバッテリーの持ちや値段が心配になるし、3Gの詳細も気になるところだが、質疑の時間もなく話題にすらならなかった。また、今のゲーム業界自体を変えていく方向性も示されていない。ゲームにおける「深い没入感」を強くアピールしていたが、没入感に固執してマニアックな方向に進むことがかえって市場を狭くしていまうというネガティブスパイラルの解消策はどうなのか。その辺も含め、年末の発売までに明らかになっていくであろう続報を期待して待ちたい。

(ピカ田チュー太郎)

NGPの情報をみんなで共有しよう(ガジェット通信ゲームズ)

■関連記事
ニフティさんとガジェット通信が提携。『夕刊ガジェット通信』がオープン
自転車が路上の無法者にならないために
次世代PSPである『NGP』の価格は? 1000人に聞いてみた!
次世代PSP『NGP』と『ニンテンドー3DS』どっちが売れる? 「今回も3DSの圧勝」と3DSが53.5%と過半数以上
次世代PSPがついに発表された! ハイスペックゲームマシン『Next Generation PSP(NGP)』