ゲーム販売店からは諸刃の剣なニンテンドー3DS?

写真拡大

(画像:Game Station 店長ブログより)

ゲーム販売店・GameStation及び通販サイトGameStationOnlineを営む外国人店長が綴る『Game Station 店長ブログ』。同ブログでは、ゲーム業界の裏側、実情といった内容をゲーム販売店ならではの目線で語ってくれるというもの。

1月18日更新分ではニンテンドー3DS(以下、3DS)の話題に言及。同ハードは現在、予約の段階からすでに品薄状態が続くなど予約難民も多数でている状態。ヤフーオークションでは定価である25,000円を上回る価格帯での取引が続くなど、発売前から人気のハードとして注目を集めています。

発売日である2011年2月26日(土)は、3DSを求める多くのお客さんで賑わうことが予想できますが、一部のお店にとっては手放しで喜べるわけではなさそうです。同ブログによれば、どこのメーカーのゲームハードであろうと問屋も小売も儲けは少なく、肝心のソフトが売れないと厳しいそうです。

今回の発注は3DS本体が1台につき、ソフトが2.5本の割合がベターになるとか。3DS本体とソフトがバランスよく捌けていかないとソフトの在庫過多で値崩れに至る懸念もあるとのことで、人気商品を仕入れても赤字になるケースも。

同店の店長いわく3DSを発売日に定価で入手できた人は勝ち組だそうです。


▼外部リンク

Game Station 店長ブログ  1月18日 23:28(At home)


■関連記事
ドラゴンエイジ3月号に「これはゾンビですか?」ユーのフィギュア!
【YouTube】古都ひかるさんによる初音ミクのコスプレ。ツインテールは後のせサクサク
【YouTube】猫×キツネ
PSP「とある魔術の禁書目録」がついに発売!
【Twitter】とろけるチキンが炎上