本日行われている「PlayStation Meeting 2011」で、メタルギアシリーズで有名なコナミの小島監督がPS3とNGPをつなぐ「夢のプロジェクト」を制作中であることを表明しました。

詳細は以下から。登壇した小島監督。


今回公開されたNGPの実機デモ。あくまでモデルデータと環境をそのままNGPに持っていった実機映像で20fpsと若干処理落ちはあるものの、そのままのデータをNGPで再現できており、NGPに最適化すればほぼPS3に近い映像が作れるようになるとのこと。


小島監督は昨年PSP用に「メタルギアソリッド ピースウォーカー」を発売した時に「近い将来クラウドコンピューティングの世界が来ると思う。ゲームは家でも外でも継続してプレイ可能になることになると思う」と述べましたが、ピースウォーカーはその実験だったそうです。

そして「NGP」の登場で新しいゲーム世界が可能になるとして注目していることを明かした上で、据え置き型用に開発された最先端のソフトを携帯ゲーム機でも遊べるようにす「夢のプロジェクト」に携わっていることを明かしました。


「リビングではPS3と大画面モニタでゲームをプレイし、外出先ではNGPでその続きをプレイ、そして家に帰るとPS3でその続き…」というように、携帯機と据え置き機を超えた夢を叶えるために準備をしているところとした上で、「(2011年6月に行われる)E3くらいに紹介できればと思う」と小島監督はコメントしています。

・関連記事
大ヒットした「モンハンP3」などの影響でPSP本体が品切れ続出、本体価格はPS3並にまで高騰 - GIGAZINE

新型PS3でPS2互換を実現する最終兵器か、「互換アダプタ」の詳細が明らかに - GIGAZINE

ソニーが新型ゲーム機「PSP2(仮)」向けのゲーム開発機材を配布か - GIGAZINE

記事全文へ