かつて世界を席巻した「日の丸ブランド」はなぜ力を失ったのか。その復活はあるのか。その問題点と可能性を大前研一氏が解説する。

 * * *
 1990年代半ば以降、多くの分野で世界市場から日本製品が目に見えて減ってきた。先行指標はアメリカだ。ウォルマート、ターゲット、ラジオシャック、ベストバイなどの巨大量販店で1995年頃からAV機器は日本のブランドが減り、サムスン電子やLG電子の韓国勢と、チャイワン(CHINA+TAIWAN/提携・協力関係にある中国・台湾企業)勢が製造したプライベートブランドやストアブランドに取って代わられた。

 一方では、韓国企業が20年前の日本の国別対応戦略をそのまま実践している。たとえばサムスン電子の携帯電話は、現地にいるマーケティング・マネジャーの意見を反映しながら日本製品から不要な機能を削っていく。そうすると機能は必要十分で価格は半分ぐらいになる。

 LG電子は白物家電で、さらにきめ細かくマーケット別に対応している。インドでは「絹製品のサリーが洗える洗濯機」や「施錠できる冷蔵庫」(食品泥棒が多いため)、中近東ではスイッチを押すとコーランが流れる「コーラン内蔵テレビ」、韓国ではキムチのにおいが拡散しない「キムチ収納庫付き冷蔵庫」など、実に芸が細かい。

 要するに、韓国勢はR&D(研究・開発)にはカネをかけず、日本の技術を模倣し、その代わり国別のマーケティングに力を入れて、現地ニーズに忠実な製品を低価格、かつ日本勢より速いスピードでマーケットに投入している。この戦略が世界中で成功し、今やブランド力も日本勢と全く遜色がなくなっているわけだ。

※週刊ポスト2011年2月4日号




■関連記事
フィンランド人の精子の数 日本人の精子の数の1.47倍
赤西仁 「World is yours」の名がついた愛用腕時計は380万円
円高でPC価格 「外資は値下げ、国内勢は据え置き」と回答
日本の家電は過剰スペック、車は平均的だから世界で売れない