ボールが沈む:テニスコートの「デッドスポット」(動画)

Erik Malinowski

全豪オープンの試合中、テニスコートのある箇所でボールが跳ね返らないというハプニングが発生した。

ボールが跳ね返ってこないという問題は、幸いなことに、電動ドリルでコートにいくつか穴を開けることによって即座に解消された。どうやらこの処置により、コート表面下にあった、圧力のかかった気泡のようなものが取り除かれ、ボールは再び跳ね返るようになったようだ。

いったいこれはなぜ起こったのだろうか? 今回の説明ではないのだが、床面の「デッドスポット」については、木製のフローリングに関する洞察がある。全豪オープンで発生した事態とは同じではないものの、何が問題だったのかに関する参考にはなるだろう。

いわゆる「デッドスポット」とは、競技場の床において、他の大部分よりも著しくボールの跳ね返りが弱い場所を指す。カエデ材によるフローリングの床の多くでは、バスケットボールが異なる場所でバウンスした場合、跳ね方や音にばらつきが見られる。(略)

「デッドスポット」の問題は、ほとんどの場合、浮床工法による、下張り床を用いた設計で発生している。浮床工法においては、下張り床の構造のために、たいてい場所によって音や振動にばらつきがある。

床材湿度の季節的変化や、その結果発生する床構造の膨張および収縮により、ボールの跳ね返り方は、下張り床構造の影響を全面的に受ける可能性がある。下張り床の種類に関わらず、季節的に変化する湿度条件に床構造が適応する一方で、「デッドスポット」が移動したり、消失したりするということは珍しいことではない。

今度テニスの試合をするときには、電動ドリルを持っていったほうがいいかもしれない。

[日本語版:ガリレオ-向井朋子]

WIRED NEWS 原文(English)

  • テニスラケットのハイテク化を批判する歴代チャンピオンたち2003年8月29日
  • メジャーリーグの審判、投球判定システムは不正確と主張2003年6月20日
  • 研究報告「ソルトレーク五輪のフィギュア審判は正しかった」2002年6月7日