特許関連情報サービスを行う米IFI CLAIMS Patent Servicesがまとめた2010年の米国特許取得件数ランキングによると、トップは米IBMであることが分かった。トップ10に日本企業は4社が入った。

 IBMは、18年連続の1位で取得件数は5896件。1年間で5000件を超える特許を取得したのは同社が初めて。2位は韓国サムソン(4551件)、3位は米マイクロソフト(3094件)だった。

 4位から7位に日本企業が入り、4位キヤノン(2552件)、5位パナソニック(2482件)、6位東芝(2246件)、7位ソニー(2150件)となっている。

 以下、8位米インテル(1653件)、9位韓国LGエレクトロニクス(1490件)、10位米ヒューレット・パッカード(1480件)と続いた。

 上位50社で前年からの増加率が最も高かったのは46位の米アップル(563件)の94%増だった。 日本企業で最も増加率が高かったのは、39位のNEC(680件)で74%の増加。

 2010年の特許取得件数の合計は、21万9614件と過去最多で前年と比べて31%増加している。米国に本社を置く企業が全体の50.3%を占め、日本企業の割合は21.3%で2位となっている。

「情報漏えい」に高い危機意識 IFRSへの対応も課題に
コンプライアンス違反があっても3割の社員は報告せず
日本の労働生産性 OECD33カ国中22位、先進7カ国では16年連続最下位

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門誌。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。