転職サイトを運営するインテリジェンスは、2010年10月から12月の転職支援サービス登録の個人求職者と、法人企業の求人数をもとに算出した「転職求人倍率」を発表した。「転職求人倍率」は、大都市圏のホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表している。

 2010年12月の転職求人倍率は1.28倍で、2008年8月以降、2年4カ月ぶりに1.2倍台まで回復した。2009年4月の0.68倍が底となったが、その後上昇を続け、リーマン・ショック以前の水準まで回復している。10月〜12月の3カ月間は、円高や、政府の景気刺激策の終息など、市場環境悪化の懸念はあったものの転職求人倍率は堅調に回復した。

 業種別の求人倍率を見ると、12月は「メディカル」が3.20倍で最も高く、次いで「IT/通信/インターネット」(1.66倍)、「メーカー」(1.32倍)と続いている。ソーシャルネットワーキングサービス関連企業に加え、フラッシュマーケティング企業を含む「メディア」(0.81倍) の回復も顕著だ。

 美濃啓貴DODA編集長は、「円高リスクにより不透明さを増していた転職マーケットですが、10月〜12月は、求人数が堅調に増加し続ける結果となりました。特に、関東エリアではソーシャルネットワーキングサービス企業やフラッシュマーケティングサービス企業の求人が増加しており、20代〜30代の営業職を中心に、 数百名単位の未経験者採用を行っています。また業績回復に伴い、企業のシステム投資再開の動きが出始めています。そのため、リーマン・ショック以降、求人ニーズが冷え込んでいたシステムインテグレータの採用が復活しています」と転職市場の現状を指摘している。

 さらに、「2011年は、大手企業各社の採用計画が出そろい、新卒の採用活動が一段落する3月末〜5月にかけて、新たな求人が出てくる見通しです。各種、経済動向の見通しでも、特に2011年後半から本格的な経済回復が期待されるという見解が多く、転職マーケットもさらなる活況を呈することが見込まれます。今年の転職マーケットのキーワードは、『語学力』です。アジア・中東など新興国市場の開拓、メーカー各社の生産拠点移管、IFRS対応、現地企業との業務提携など、グローバル化は加速度的に進行しており、営業職、企画・事務職、技術職と、いかなる職種であっても、専門知識に加え、語学力を備えた人材が求められます」と今後を予測している。

【独自調査】グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加
企業の人材不足感増す 中途採用で対応
専門性高い分野は、派遣から正社員に

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。