THUNDERBOX、2011春夏の最新コレクション

写真拡大

 デザイナー森田ツヨシが手がけるメンズブランド「THUNDERBOX(サンダーボックス )」が、2011年春夏にデビューした。ファーストコレクションのテーマは"CASE GYRO〜ジャイロの場合〜"。GYROとはモデルが冠っているオリジナルマスクの名前で、今後毎シーズンのテーマに新たなオリジナルマスク名を掲げて展開していく。

 森田ツヨシは、田中千代ファッションカレッジ卒業後プライマルドライヴに入社。アパレルブランド「DOARAT(ドゥアラット )」のデザイン、生産を5年間勤務した後2011年に「THUNDERBOX」を立ち上げた。マンガ、映画、アニメ、音楽、オモチャなど、世の中に沢山ある自身が好きなものに捧げるデザインをコレクションに落とし込んでおり、工業製品に手作り感のあるハンドメイドを足した独自の世界観を表現。デビューコレクションでは、大友克洋氏の名作「AKIRA(アキラ)」に登場する "鉄雄"に捧げるシャツやボトムスをはじめ"アラレちゃんのうんち"を模したハットなどユニークかつエッジの効いたリアルクローズを展開している。


THUNDERBOXのコレクション画像を見る