【懐かしいゲーム特集】「ワープ&ワープ」(PC版)

写真拡大

ベロベロ!(画像:amazon.co.jp)

「ワープ&ワープ」は1981年に株式会社ナムコからアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。なおパソコン版「ナムコヒストリー Vol.4」に収録されています。

※ちなみにファミコン版「ワープマン」はアレンジ作品です。

「ワープ&ワープ」は主人公を操り、ショットガンで敵のベロベロを撃退するのが目的です。たまにミステリーベムというボーナスキャラが横切りますので倒すとボーナス点が入ります。

さて「ワープ&ワープ」の最大の特徴は「ワープ」により別の世界に移動出来ると言う点です。その世界は「メイズ」面と呼ばれ迷路内に爆弾を仕掛けてベロベロを倒すという、いわば「ボンバーマン」の先駆けとなったシステムを採用しています。

※ちなみにメインの面は「スペース」面と呼ばれています。
余談ですがプロ野球ファミリースタジアム(初代)」のナムコスターズ代打要員に「へろへろ」がいます。「ワープ&ワープ」の「ベロベロ」から登場しているのですが、当時の殆どのファミコンファンは何のキャラクターなのか把握していなかったと思われます。
故「深谷正一」氏に捧ぐファミコン版「ワープマン」のプログラマーであった深谷正一氏は黎明期のナムコを支えた天才プログラマーでした。惜しむらくは「ワープマン」完成後、31歳の若さでお亡くなりになっております。そんな深谷正一氏を偲んで「ワープ&ワープ」と「ワープマン」を比較しながら遊んでみて下さい。そうすれば新しい発見があると思います。


(C)NAMCO CO.LTD
▼外部リンク
ナムコヒストリー Vol.4

■関連記事
【画像】世界の防犯意識
(ネタバレ注意)放浪息子第2話は、複雑な人間関係
【YouTube】”長”巨大なカニ
『冷凍 日清スパ王 和風きのこ』
「けいおん!!」公式ガイドブックが2月に発売!