“部屋の温度”が高いのは何県? ウェザーニューズが『部屋の温度調査』結果を発表

写真拡大




北海道後志地方で最低気温が−20℃を記録する一方で、東京都父島の最高気温は21.0℃(1月24日気象庁発表)と、同じ国でも30〜40℃もの大きな気温差がある日本。全国の人々はどれくらいの部屋の温度で過ごしているのでしょうか? ウェザーニューズは、『冬企画』の一環として1月17日〜19日に地域別『部屋の温度調査』を実施。部屋の温度や服装などについて1万7431人(男性42%、女性58%)の有効回答をまとめた結果を発表しました。

「いつもいる部屋の温度は?」という質問では、最も部屋の温度が高かったのは北海道で21.67℃。2位は秋田県で21.38℃、3位は青森県で20.96℃、4位が沖縄県で20.43℃、5位が東京都で20.04℃となり、部屋の気温では沖縄よりも北海道の方が高いという結果になりました。最も部屋の温度が低いのは、佐賀県で17.37℃、続いて和歌山県が17.59℃、長崎県が17.62℃。寒冷地域のほうが、部屋の気温を高めにキープする傾向が明らかになっています。ちなみに、全国平均は19.39℃で昨年よりも0.46℃も上昇。全国的な冷え込みが続くなか、暖房を高めに設定する人が多い様子がうかがわれます。

部屋の温度と密接な関係にあるのが部屋で過ごすときの服装。「部屋での服装は?」という質問では「長袖+長ズボン」「上下長袖+上着」「上下長袖+厚手の上着」から選択してもらいました。全国で最も薄着だったのは沖縄県で、2位は北海道、3位は秋田県、4位は青森県、5位は高知県と、寒い地域と暖かい地域の人たちがともに薄着で過ごしていることが明らかになりました。最も厚着だったのは大分県、続いて長崎県、熊本県。九州地方では、どうやらお部屋で厚着する傾向があるようです。

さらに、「寝る時、布団と毛布をあわせて何枚かける?」と質問したところ、日本人が寝る時の布団の平均枚数は2.4枚という結果に。都道府県別では、最も布団の枚数が多かったのは岩手県で3.22枚、2位が福島県で2.98枚、3位は秋田県で2.94枚、最も少なかったのは沖縄県で1.82枚、続いて島根県2.06枚、大阪府2.10枚になりました。ちなみに、最も布団の枚数の多い岩手県では「5枚以上」との回答が12.9%もあり、他県よりお布団が多めのようです。

お部屋の温度、お部屋での服装や寝る時の布団の枚数から、なんとなく各地の冬の過ごし方が見えてくる気がしますね。まだまだ寒さは続きますが、せめて部屋のなかでは温かく過ごしたいもの。寒い地域の知恵(?)に習って、今夜からお布団の枚数を一枚増やしてみるのもいいかもしれません。
 
 

■関連記事
大学生は『mixi』好きで『Twitter』を敬遠? SNSに関する意識調査
タバコ増税の影響は? 喫煙者の3割が禁煙や減煙「タバコ増税と禁煙」に関する調査結果
「A型は薄毛になりやすい」はホント? 血液型と薄毛にまつわる都市伝説を調査
5人に1人が職場に過度なストレス 原因は上司や先輩! 2010年新社会人意識調査
ドライブ中に半数以上の女性が「彼氏にゲンメツ」する理由は? ドライブデート調査