真冬の東京駅に、ひと足早い春到来 3000本の桜の生枝が東京駅を彩る「黒塀横丁桜フェア2011」

写真拡大

JR東日本グループの株式会社鉄道会館が運営する、東京駅の商業施設「黒塀横丁(くろべいよこちょう)」で、、1月31日(月)から2月13日(日)まで「黒塀横丁桜フェア2011」が開催されます。

山形県特産の啓翁桜(けいおうざくら)の生枝約3,000本が直送され、桜の花がレストラン街を彩り、真冬の東京駅で香しい桜をひと足早く観賞できる他、黒塀横丁の各店舗では桜をテーマに工夫を凝らした限定メニューも登場するようです。

首都圏でいち早く桜が見られる貴重なスポットとなるようです。

屋内のため雨天や強い風の心配もなく、一日中春の気分を味わえる他、イベント開始日から2週間に渡り、つぼみから満開になっていく桜の移り変わりを楽しむことができます。

また、フェア初日には先着100名様に山形県産 啓翁桜の枝花の無料配布がされる予定なので、オフィスや自宅でも春を感じられることになりそうです。

桜フェアを彩る、期間限定メニューが登場同期間中、黒塀横丁の飲食各店では、期間限定で桜や春をテーマにした桜フェア限定メニューを全12品が提供される予定。
稲庭うどんの『日本橋 古都里』では、「胡麻豆腐の桜餡仕立て」(750円)、天ぷら専門店 『銀座ハゲ天』からは3種の天ぷらがセットになった「桜セット」(700円)、沖縄料理の『龍潭』では、「2色のンムクジ桜蒸し」(600円)などが登場するようです!

開催概要◇ 名称:「黒塀横丁桜フェア2011」
◇ 期間:2011年1月31日(月)〜2月13日(日)の14日間

◇ 内容:
・山形県特産の「啓翁桜」を用いた施設内の装飾

・「啓翁桜」の枝花を先着100名様にプレゼント
1月31日(月)12時45分〜(なくなり次第終了)
場所:黒塀横丁

・桜や春をテーマとした限定メニューの提供
◇ 主催:株式会社鉄道会館
◇ 協賛:おいしい山形推進機構
JA全農山形



一足早い春を感じに、是非、東京駅八重洲北口(改札外)B1Fの「黒塀横丁」へ足を運んでみてくださいね!


▼外部リンク
TOKYO INFO

■関連記事
【ニコニコ動画】クリスマスに一人でディズニーランドへ行った動画が再生数37万超え
「熱いぞ!猫ヶ谷!!」ドラマ版DVD-BOX I リリース!
(ネタバレ注意)アニメ「フラクタル」第2話は無邪気な少女ネッサの魅力満載!
新アニメ「緋弾のアリア」の声優は「とらドラ!」コンビのあのお二人!
堀江由衣さんの新シングル「インモラリスト」が2月2日に発売!