「ファイトマネー未払い!」格闘技K-1が資金難で身売りへ!? PRIDE消滅の二の舞か

写真拡大

 K-1を主催するFEGに"身売り説"が飛び交っている。

 一時は絶大な人気を誇ったK-1だが、人気選手の引退や衰えでスターを失い、消滅したPRIDEを引き継いだ総合格闘技団体DREAMも、出場した選手から次々とファイトマネーの未払いが明かされるなど経営難が明らかだった。

 大晦日『Dynamite!!』をドタキャンしたボブ・サップも本紙記者に「FEGは俺がギャラの吊り上げをしたとか嘘を流したが、過去の未払い分を請求したことを捻じ曲げられた」と主張している。

 昨夏、FEGは資金調達の一手として、中国の投資銀行と提携して投資家を募る方向性を出し、谷川貞治FEG代表も「10月にはあらゆる問題が解決する」と強気な発言をしていたが、年が明けると「会社をリニューアルして春からスタートする」とニュアンスを変えている。

 この動きに業界関係者の間では「大会の権利を売ってしまうことではないのか」と事実上の身売り説が囁かれている。一体、K-1はどうなってしまうのだろうか。

 ある格闘技ライターは「海外の企業が投資する話はあるんですが、金を出す条件として現体制を変えることを要求されているようで、今後は大会名を残したまま主催者が変わる可能性が高い」と見ている。

 ただ、この大会譲渡で思い出されるのは4年前のPRIDE終焉だ。経営難から主催者が海外企業に興行権を譲渡し、これを新体制での再開と解釈したファンがひと安心したが、結局は解散。買った側が大会を継続しなかった。

 FEGの財政難は海外でも既に広く知れ渡っており、先日はK-1と春に共同開催を予定していた団体ショータイムが、大会中止を発表。その理由を「K-1のファイトマネー未払いで選手と出場交渉ができない」ことなどを挙げ「投資家との交渉も止まっている」と、危機的状況であることを明かしている。

 これには海外で活動する日本人マネージャーも「こういう悪評が広まればブランド名が落ちるので、投資家が手を引くこともあるし、金を出したとしてもFEGに有利な形にはならない。PRIDE同様、大会名自体が消えてもおかしくない」と話している。

 今年になってFEGは興行の開催を一時休止。3月からの再開を見据えて新体制の発表をする模様だ。

「谷川代表が責任を取る形で身を退くという話も聞きますが、興行面で大幅にプラスになるものが見込めない限り誰がやっても一緒。海外企業が獲得しても、海外興行が中心となれば日本のファンが楽しめるものになりにくい」と前出ライター。

 日本を代表する格闘技団体の行方には、ファンも固唾をのんでFEGの発表を待つことになりそうだ。



【関連記事】
ボブ・サップ 試合ドタキャンの真相は「プロレスだと聞いていたのに......!?」
反則乱発&失神KO負けの青木真也 それでも格闘技界から"ヨイショ"殺到の裏事情
こんな娘に蹴られたい!? "可愛すぎる格闘家"レーナのタイプは「ごっつい肉食系」